佐藤中陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 中陵(さとう ちゅうりょう、宝暦12年2月11日1762年3月6日) - 嘉永元年6月6日1848年7月6日))は、水戸藩本草学者。名は成裕、字は子綽、通称は平三郎。中陵は号。他に、温故斎、青莪堂とも号した。

生涯[編集]

佐藤端義の子として江戸青山に生まれた。薩摩藩白河藩米沢藩会津藩備中松山藩・水戸藩に本草学をもって仕えた。水戸藩には、寛政11年(1799年)から水戸藩主文公に召され植物方として仕え、文政10年(1827年)には江戸奥方番となり、天保7年(1836年)からは水戸に勤務した。天保14年(1843年)には御次番列に進んで弘道館本草教授となった。水戸藩主徳川斉昭の命により『山海庶品』を編纂した。北海道を除く日本全国を巡る。

著書[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 茨城新聞社編 『茨城県大百科事典』 茨城新聞社、1981年、465頁。