吉川英史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉川 英史(きっかわ えいし、1909年2月13日 - 2006年4月13日)は、音楽学者文化功労者

人物・略歴[編集]

広島県深安郡神辺町(現福山市)出身。旧姓・佐藤、本名・英士。旧制福岡中学校(現・福岡県立福岡高等学校)を経て、東京帝国大学美学科卒。東京帝大講師を経て、戦後東京芸術大学教授。東京芸大邦楽科の新設に尽力。その後武蔵野音楽大学教授、東洋音楽学会会長、義太夫協会会長、琵琶楽協会会長、宮城道雄記念館館長などを歴任し、1994年文化功労者。雑誌『季刊邦楽』主幹も勤めた。

日本の伝統音楽の美学的研究で知られる。主著に「日本音楽の性格」「日本音楽の歴史」「宮城道雄伝 この人なり」など。また、一般向けの啓蒙書も数多く発表し、戦後の邦楽の隆盛に一役買った

著書[編集]

  • 日本音楽の性格 吉川英士 わんや書店, 1948
  • 邦楽鑑賞 NHK放送「邦楽鑑賞の手引」 吉川英士 宝文館 1952
  • 邦楽鑑賞手帖 吉川英士 創元社, 1953
  • 邦楽鑑賞入門 吉川英士 創元社, 1959
  • 宮城道雄伝 この人なり 新潮社, 1962
  • 日本音楽の歴史 創元社, 1965
  • 邦楽への招待 宝文館出版, 1967
  • 邦楽と人生 創元社, 1969
  • 日本音楽の美的研究 音楽之友社, 1984
  • 日本音楽文化史 (編)創元社, 1989
  • 謝々天庵主人回想録 邦楽社, 1994
  • 米川文子 人と芸(編) 双調会, 1996
  • 三味線の美学と芸大邦楽科誕生秘話 http://www.spng.jp/geijyutu-nihonnonngaku/syamisennnobigaku.html[リンク切れ](編)出版芸術社, 1997

記念論集[編集]

  • 日本音楽とその周辺 吉川英史先生還暦記念論文集 小泉文夫,星旭,山口修責任編集 音楽之友社 1973

外部リンク[編集]