松山鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松山鏡は、

  1. 日本伝説のひとつ。
  2. 落語演目の一つ。以下ではこれについて詳述する。

松山鏡(まつやまかがみ)は古典落語の演目の一つ。原話は、古代インドの民間説話を集めた仏典「百喩経」、第三十五巻の「宝篋(ほうきょう)の鏡の喩(たとえ)」。

主な演者として、8代目桂文楽など。

あらすじ[編集]

無二膏や万能膏の効き目より、親孝行はなんにつけても…

舞台は越後の松山村。両親が死んで十八年間、ずっと墓参りを欠かした事がない正助という男が、お上の目に留まりご褒美を頂戴することになった。

村役人に付き添われ、役所に出頭してきた正助に、地頭が何か欲しい物はないかと質問。
この正助は無欲な男で、「自分は当たり前のことをしたまで」と地頭があげたご褒美をすべて辞退した。

それでも何かしてあげたい地頭は、「どんな無理難題でもご領主さまのご威光でかなえてとらすので、何なりと申せ」と質問。
それに対する、正助の答えは意外なものだった。

「おとっつぁまが死んで十八年になるが、夢でもいいから一度顔を見たいと思っているので、どうかおとっつぁまに一目会わせてほしい」

地頭は唖然。しかし、正助の純粋な気持ちに感銘し、何とか叶えてあげたいと思案した。

名主の権右衛門に訊ねると、正助の父親は四十五で他界し、しかも顔はせがれに瓜二つだという。
これで解決策を思いついた地頭は、家来に命じて鏡を一つ持ってこさせた[1]

地頭に言われるまま、正助が鏡の中を覗くと…?

「おとっつぁん!?」

この松山村は田舎と言う事で、まだ『』というものを誰も見たことがない。

正助も映っていた自分の顔を見て、おやじが映っていると勘違い。感激して泣きだした。

その様子を見ていた地頭は、自ら筆を取って鏡の箱に【子は親に 似たるものをぞ 亡き人の 恋しきときは 鏡をぞ見よ】と歌を添え、「余人に見せるな」と言って下げ渡す。

それからと言うもの、正助は納屋の古葛籠の中に鏡を入れ、女房にも秘密にして、朝夕覗き込んでは挨拶をしていた。
そんな亭主の様子を、女房のお光が不審に思い、亭主の留守に葛籠をそっとのぞいて…驚いた。

「何だぁ、このアマ!?」

こちらも鏡を見たことがないので、写った自分を夫の愛人と勘違い。嫉妬に狂って泣きだし、帰ってきた亭主につかみ掛かったので大喧嘩になってしまう。

その時、ちょうど表を通りかかった隣村の尼さんが、驚いて仲裁しに飛び込んできた。

両方の言い分を聞き、自分が談判すると鏡を覗いて…。

「ふふふ、正さん、お光よ、けんかせねえがええよゥ。おめえらがあんまりえれえけんかしたで、中の女ァ、決まりが悪いってになって詫びている」

『感動のストーリー』のはずが…。[編集]

「親孝行の得でご褒美」と言う件は、幕府の朱子学による統治のバックボーンとなった孝子奨励政策の一環。

本来なら、【人情噺】として完成されるべきこの内容が、抱腹絶倒のストーリーに化けてしまったその背景には、朱子学の非現実性を見抜いていた作者の鋭い目があったからなのかもしれない。

このように、学問を下敷きとした「ありがたいお話」を、ギャグとしてしまった噺に『厩火事』や『天災』、『廿四孝』などがある。

関連[編集]

  • ドラえもん
    • 『かがみのない世界』(てんとう虫コミックス27巻収録)
もしもボックス』でつくった「鏡のない世界」(厳密には、正確に自分の顔を見る手段がない世界)に、鏡を置いたらどんな事になるか…をテストする話。
空き地にセットした『箱入りかがみ』を覗いたジャイアンスネ夫、そして静香が、己の姿とは知らずにそれぞれゴリラみたいな奴」(ジャイアン)・キツネみたいな奴」(スネ夫)・「美少女」(静香)と認識する。更に通りすがりの男が「生き別れた双子の兄」と勘違いして…。
ここまでは落語と同じだが、この後に【落語を超えたオチ】が控えている所は、藤子・F・不二雄の面目躍如といったところだろうか。

脚注[編集]

  1. ^ この鏡は三種の神器の一つ、八咫鏡の複製品。