菊人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hirakata-kikuningyo3231.JPG

菊人形(きくにんぎょう)は、の花や葉を細工して人形の衣装としたもの。菊細工の一種である[1]。及び、その興行を指す。

概要[編集]

菊人形は東京本郷・団子坂で盛んであった。明治の文学作品にも登場する
忠臣蔵の写真集に写る菊人形。討ち入りの両国橋の場面。他の場面は歌舞伎役者による。
団子坂と推定される菊人形の写真。手彩色。明治期の撮影。背景の建物を収容するほど、よしず掛けの小屋が本格的に作られているのがわかる。
菊人形の頭部分。日露戦争のロシア兵と推定されている。

菊人形は、頭や手足は人形、体を菊の花でつくられた等身大の人形である。その起源は江戸時代後期、後に世界有数の園芸センターであったことが知られる江戸の染井(ソメイヨシノを産出したことでも有名)や巣鴨の周辺で流行した菊細工に遡る事ができる。また、頭や手足は当時流行していた生人形師のうち安本亀八山本福松大柴徳次郎などが担当し、後世に実物が残る。

安政から明治年間の江戸本郷団子坂北緯35度43分31秒 東経139度45分43秒 / 北緯35.725185度 東経139.762029度 / 35.725185; 139.762029で地元の園芸業者が競うように盛んに行われ、ブランド化した。が明治42年に本所両国国技館で斬新な菊人形興行が行われ、明治末年に団子坂は興行地としては衰退する。その後全国的に見世物興行として流行し、興行主として名古屋の奥村黄花園、大阪の浅野菊楽園、乃村泰資率いる乃村工藝社が、京成電鉄京阪電鉄南海電鉄などの遊園地などを中心として全国興行を牽引する。戦前は両国国技館や大坂・新世界ルナパーク、戦後は千葉県習志野市の京成谷津遊園、近年には日本三大菊人形と呼ばれる福島県二本松市福井県越前市(旧武生市)、大阪府枚方市ひらかたパークのものが有名であった。しかしレジャーの様式の変化や、少子化による遊園地の経営状態の悪化などにより枚方市の菊人形が2005年限りで中止されるなど、近年の開催は減少傾向である。それでも二本松市や越前市のものは従来どおり開催されているほか、北見市弘前城名古屋城吉野川市など、日本各地で菊人形の伝統を保っている。菊人形の題材はその年に放送されているNHK大河ドラマが採用されることが多い。なお、枚方市の菊人形が中止になって以降、山形県南陽市で開催される菊人形が日本最古とされている。

団子坂の菊人形

菊人形は、人気役者や花鳥などの人形の衣装を、菊の花や葉を組み合わせて作った細工物で、江戸後期に見世物として始まった。明治9年(1876)から木戸銭(入場料)を取って正式に興行化し、東京の秋の名物として繁栄した。20年代から30年代(1887 - 1906)が最盛期で、植惣、種半、植梅、植重の四大園が毎年出し物を競い合い、歌舞伎や最新のニュースねたを、廻り舞台やパノラマ装置を用いて見せた。生人形師による迫真の頭も評判で、根津裏門前より駒込の狭い団子坂には群集が殺到した。人形の衣装に使用する小菊の絵あり。

— 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「団子坂の菊人形」より抜粋[2]

各地の菊人形展[編集]

関連する事物[編集]

菊人形の作り方[編集]

菊人形は、専用の菊を栽培する園芸師、人形の制作をおこなう人形師、人形に菊を着付ける菊師 の分業で、以下のような流れで制作される[3][4]

  • 菊は人形に着付ける際に作業しやすいように茎が細くて長く、しなやかで、折れにくい「人形菊」と呼ばれる小菊が用いられる。栽培は1年がかりでおこなわれ、菊人形の展示の期間に開花を合わせるため、人工照明も使用し、日照時間を調整する工夫も行われる。
  • 下絵をもとに角材を使用し、人形の骨格を形作る。ついで、衣装の下地となる胴殻(どうがら)を作る、竹ひごの芯にを糸で巻き付け固定した巻藁(まきわら)を使用し、衣装の立体的な形状を作りながら、角材の骨格に取付けていく。
  • 胴殻に菊を着付けていく、これを菊付けという。切り花ではなく、根付きのまま数株ずつまとめ、水苔で根巻きし、い草でしばった束を用いる。胴殻の中に根の部分を固定し、花の部分をい草で表面に止めていく。一体に付き小菊が120~150株が必要という。
  • 人物の年齢や身分、その場面の感情などを考慮し、首(かしら)を制作、手足、小道具(鎧、扇子、帯など)を胴殻に取り付ける。
  • 完成した菊人形は、1日1回根巻きに水やりし、10日から2週間程度で菊の付け替えをおこなう。

参考文献[編集]

  • 文京ふるさと歴史館『菊人形今昔―団子坂に花開いた秋の風物詩』(図録)2002年

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ 他に一本幹千輪咲など
  2. ^ 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「団子坂の菊人形」国立国会図書館蔵書、2018年2月9日閲覧
  3. ^ 『グラフふくい』 2004年10月号 ふくい祭り紀行 たけふ菊人形、2018年7月1日閲覧
  4. ^ 『たけふ菊人形40回記念誌 花が輝くとき』、2018年7月1日閲覧