浅葱色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
浅葱色
 
16進表記 #00A4AC
RGB (0, 164, 172)
CMYK (76, 5, 29, 0)
HSV (183°, 100%, 67%)
マンセル値 -
表示されている色は一例です

浅葱色(あさぎいろ)とは、ごく薄い藍色のことである。また、現在は明るい青緑をこう呼ぶこともある。

青色よりも緑に近く、花色より薄い。新選組羽織等で使用。

しばしば淡い黄色の浅黄色(あさぎいろ もしくは あさきいろ)と混同されるが、別の色である

浅葱色を含む言葉[編集]

  • 浅葱裏(羽織の薄い藍染木綿の裏地のこと。転じてこのような羽織裏が時代遅れになってからも着用していた田舎の士のことをあざけって言うことば。)
    きらはれるくせに女郎を浅葱好き
  • 水浅葱(ごく薄い浅葱色のこと。転じて囚人服の色だったことから囚人服の隠語。)
    親分は水浅葱まで着た男
  • 浅葱の袍(五位、六位の官人の制服。転じて五位、六位の官人のこと。)
  • 浅葱幕 歌舞伎で使う薄水色の布地で、場面転換や水面等を現すときに使う。
  • アサギマダラ(羽が浅葱色をした蝶)

関連項目[編集]