衣川の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
衣川の戦い
戦争
年月日文治5年4月30日1189年6月15日
場所陸奥国衣川館(現・岩手県西磐井郡平泉町高館、または奥州市衣川接待館遺跡
結果奥州藤原氏方の勝利
交戦勢力
奥州藤原氏 源義経
指導者・指揮官
藤原泰衡
照井太郎
源義経
武蔵坊弁慶
鈴木重家
亀井重清
戦力
500騎 10数騎
損害
不明 義経の自害。主従の戦死、自害。

衣川の戦い(ころもがわのたたかい)は、文治5年4月30日1189年6月15日)、陸奥国衣川館藤原泰衡源義経主従を自害させた戦い。

経過[編集]

奥州藤原氏三代・藤原秀衡は関東以西を制覇した源頼朝の勢力が奥州に及ぶことを警戒し、義経を将軍に立てて鎌倉に対抗しようとしたが、文治3年(1187年)10月29日に病没した。頼朝は秀衡の死を受けて後を継いだ藤原泰衡に、義経を捕縛するよう朝廷を通じて強く圧力をかけた。一方、義経は文治4年(1188年)2月に出羽国に出没し、鎌倉方と合戦をしている。また文治5年(1189年)1月には義経が京都に戻る意志を書いた手紙を持った比叡山の僧が捕まるなど、再起を図っている。しかし泰衡は再三の鎌倉の圧力に屈して、「義経の指図を仰げ」という父の遺言を破り、閏4月30日、500騎の兵をもって義経主従を藤原基成衣川館に襲った。

義経方は、主従の武蔵坊弁慶鈴木重家亀井重清らがわずか10数騎で防戦したが、ことごとく戦死・自害した。館を平泉の兵に囲まれた義経は、一切戦うことをせず持仏堂に篭り、まず正妻の郷御前と4歳の女子を殺害した後、自害して果てた。享年31であった。

参考文献[編集]

  • 五味文彦『源義経』 岩波新書、2004年。
  • 佐藤謙三訳『義経記』(全2巻) 平凡社東洋文庫、初版1979年 のちワイド版。

関連項目[編集]