岩融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩融(いわとおし)は、武蔵坊弁慶が所持していたとされる大薙刀。刃の部分だけでも三尺五寸あったという。三条小鍛冶宗近の作との伝説が伝わる。

史実においては持ち主の弁慶自体が説話上のものとみなされている。実際に弁慶の主である源義経が比叡山(延暦寺)の悪僧を保護した話があり、それらの逸話から薙刀岩融を振るう忠臣の僧侶というイメージが構成されたといわれている[誰によって?]。弁慶が振るうのは薙刀の岩融とする文献もあれば太刀の岩透(いわとおし)とする文献もある[要文献特定詳細情報]

関連項目[編集]