刀剣博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 刀剣博物館
Japanese Sword Museum
Japanese Sword Museum-1a1.jpg
刀剣博物館
(2018年6月22日撮影)
施設情報
専門分野 刀剣日本刀)および関連の美術品
管理運営 公益財団法人日本美術刀剣保存協会
Society for Preservation of Japanese Art Swords
延床面積 敷地面積2157.9m2
建築面積1076.9m2
延床面積2619.8m2
開館 2018年(平成30年)1月19日
閉館 旧刀剣博物館 2017年(平成29年)3月31日
所在地 130-0015
東京都墨田区横網一丁目12番9号
位置 北緯35度41分56.2秒 東経139度47分37.1秒 / 北緯35.698944度 東経139.793639度 / 35.698944; 139.793639座標: 北緯35度41分56.2秒 東経139度47分37.1秒 / 北緯35.698944度 東経139.793639度 / 35.698944; 139.793639
プロジェクト:GLAM

刀剣博物館(とうけんはくぶつかん)は、東京都墨田区横網一丁目にある博物館

公益財団法人日本美術刀剣保存協会により運営され、美術刀剣類の保存、展示する。また、同会の事務所が博物館の建物内に所在する。

概要[編集]

刀剣博物館は、日本国内でも数少ない日本刀専門の博物館である。刀剣愛好家より寄贈された作品や、愛好家より保管と管理を依託されている刀剣・刀装・刀装具類を収蔵・公開する。渋谷区代々木四丁目にあった旧刀剣博物館は、2017年(平成29年)3月末に閉館し、新刀剣博物館は2018年1月開館した。

沿革[編集]

旧刀剣博物館(2015年6月17日撮影)
  • 1948年昭和23年)
    • 2月24日 - 戦後の駐留軍による没収等で、壊滅状態にあった日本刀を保存継承するために、文部大臣の許可により(財)日本美術刀剣保存協会が設立される(事務所は東京国立博物館内に置かれる)。
    • 9月 - 刀剣保存のため、刀剣等の認定制度を開始。
  • 1955年(昭和30年)1月 - 第1回作刀技術発表会。
  • 1958年(昭和33年)6月 - 刀剣等の重要指定制度を設ける。
  • 1977年(昭和52年)
  • 1978年(昭和43年)5月25日 - 刀剣博物館が開館。
  • 1982年(昭和57年)8月 - 刀剣等の認定制度を廃止、刀剣の鑑定制度に改める。
  • 1989年(平成元年)9月 - 文化庁第1回刀匠作刀技術研修会を開始。
  • 2017年 (平成29年) 3月31日 - 建替えのため閉館。
  • 2018年(平成30年)1月19日 - 新刀剣博物館、墨田区・旧安田庭園内(両国公会堂跡地)に開館。

所蔵品[編集]

刀剣博物館の収蔵品は、刀剣、刀装、刀装具、甲冑、金工資料など約190点で、刀剣類の中には国宝重要文化財重要美術品など、国の指定・認定を受けた物件があり、平安・鎌倉・南北朝期の古名作を中心に、各年代・流派の作品が収蔵されている。

文化財[編集]

国宝[編集]

太刀 銘 延吉
種別:工芸品、国:日本、時代:鎌倉、作者:延吉、寸法 刃長73.3cm、反り2.9cm、元幅2.8cm、先幅1.8cm、鋒長2.6cm、茎長15.4cm、重文(旧国宝)指定:1936年(昭和11年)9月18日、国宝指定:1953年(昭和28年)3月31日
太刀 銘 国行(来)
時代:鎌倉時代中期、作者:国行、寸法 刃長二尺五寸二分弱、反一寸五厘、元幅九分八輪、先幅六分八厘、鋒長一寸、茎長六寸八分五厘、重文(旧国宝)指定:1937年(昭和12年)5月25日、国宝指定:1953年(昭和28年)3月31日
太刀 銘 国行(当麻)
時代:鎌倉時代後期、寸法 刃長69.7cm、反り1.5cm、元幅2.8cm、先幅1.9cm、鋒長3.0cm、茎長17.6cm、重文指定・国宝指定:1954年(昭和29年)3月20日

重要文化財[編集]

太刀 銘 信房作
時代:平安時代後期、寸法 刃長76.2cm、反り1.9cm、元幅2.8cm、茎長15.9cm、画賛・奥書・銘文等:銘「信房作 常」、重文(旧国宝)指定:1934年(昭和9年)1月30日
短刀 銘 清綱
時代:鎌倉、 寸法 刃長27.6㎝、 重文指定:1952年(昭和27年)3月29日
短刀 銘 兼氏
時代:南北朝、 寸法 刃長19.5㎝、 重文指定:1938年(昭和13年)7月4日
太刀 無銘 福岡一文字
時代:鎌倉時代中期、 寸法 刃長 77.2㎝、 重文指定:1971年(昭和46年)6月22日
太刀 銘 備前国住人雲次/正和二二年十月
時代:鎌倉、 作者:備前国住人雲次、 寸法 刃長75.75㎝、 重文指定:1954年(昭和29年)3月20日
太刀 銘 正恒
時代:鎌倉時代初期 、 寸法 刃長78.4㎝、 重文指定:1933年(昭和8年)1月23日
太刀 銘 兼永
時代:平安時代後期、寸法 刃長77.1㎝、 重文指定:1938年(昭和13年)7月4日

重要美術品[編集]

太刀 銘 真景(古伯耆)など

利用情報[編集]

  • 開館時間/火曜~日曜日/午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)。
  • 休館日/毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)。
  • 観覧料/一般1000円、会員・学生500円(中学生以下は無料)。

新刀剣博物館の概要[編集]

新刀剣博物館の完成模型(旧刀剣博物館 2015年6月17日撮影)
  • 建設敷地 - 〒130-0015 東京都墨田区横網一丁目12番9号、旧安田庭園
  • 敷地面積 - 2157.9m2
  • 建築面積 - 1076.9m2
  • 延床面積 - 2619.8m2
  • 構造規模 - 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上3階建て
  • 建物高さ - 15.6m
  • 設計会社 - 槇総合計画事務所
  • 施工会社 - 戸田建設
  • 開館予定 - 2018年(平成30年)1月

アクセス[編集]

鉄道

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]