天下五剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天下五剣(てんがごけん)とは、数ある日本刀の中で室町時代頃より特に名刀といわれた5振の名物の総称。なお、具体的に刀剣古書籍において、「天下五剣」の名称が用いられた事実はない。徳川吉宗がまとめさせた享保名物帳においても、名物としての記載こそあれ、「天下五剣」の記載はない。

しかしながら、今日においてはその名称は広く知られており、本阿弥光遜日州ほか明治〜昭和に活躍した刀剣研究家が「天下五剣」の名称を用いている事実(その著書に記載あり)から、明治以降、自然発生したものと考えられる。

一覧[編集]

読み 指定 備考
童子切 どうじぎり 国宝 安綱 太刀・刃長79.9cm・反り2.7cm・東京国立博物館所蔵。
鬼丸 おにまる 御物 國綱 太刀・刃長78.2cm・反り3.2cm・宮内庁所蔵。
三日月 みかづき 国宝 三条 宗近 太刀・刃長80cm・反り2.7cm・東京国立博物館所蔵。
大典太 おおでんた 光世作 光世 太刀・刃長65.75cm・反り2.7cm・前田育徳会所蔵。
数珠丸 じゅずまる 重要文化財 恒次 太刀・刃長81.1cm・反り3.0cm・本興寺所蔵。

日本刀研究家の佐藤寒山は、この五口の太刀はそれぞれ天下の大名刀ではあるが、今数えたならば必ずしも全部が全部、異論なく五本の指に入るか否かは別として、名刀プラス由緒伝来というようなことから、数え上げられたものであろう。としている。

佐藤寒山は佐藤貫一名義の時代の著書『日本の刀剣』[1]の中で、「室町時代天下五剣とは、童子切安綱、大典太光世、三日月宗近、数珠丸恒次、一期一振吉光のことである」と鬼丸国綱を外した記述を残している。しかし後の著書では「大典太光世、鬼丸国綱、数珠丸恒次、三日月宗近、童子切安綱は室町時代以来天下五剣と称せられた程の名刀である」と、現在伝わる鬼丸国綱を含めた天下五剣に直し、『日本の刀剣』とは矛盾する記述が複数見受けられる。

この事から、同筆者による上記の一期一振吉光を加えた天下五剣の記述は訂正された、あるいは誤りであると見る。

また、数珠丸恒次については、古備前派の恒次ではないかとの見解を示している。

参考文献[編集]

  • 『日本の刀剣』、至文堂、1961(佐藤貫一)
  • 『新・日本名刀100選』、秋田書店、1990(佐藤寒山)

脚注[編集]

  1. ^ 至文堂 1961年

関連項目[編集]