西野山古墓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西野山古墓(にしのやまこぼ)は、京都府京都市山科区西野山岩ヶ谷町にある平安時代初期の貴族の墓。

概要[編集]

大正8年(1919年)に地元住民が竹林に土入れ作業をしていたところ、偶然に上部と周囲が木炭で覆われた木棺墓を発見、京都大学により発掘調査が行われ、金銀平脱双鳳文鏡金装大刀、鉄鏃などの副葬品が発見された。

ただし現在は、古墓そのものは竹藪に覆われ、位置の特定ができていない。京都市教育委員会が1970年代に調査を行った際にも発見できなかったとされる。昭和60年(1985年)、地元ライオンズクラブが周辺道路際に「この付近西野山古墓」の石標を建立したのが唯一の痕跡である。

被葬者[編集]

周辺が中臣氏の根拠地であることから、被葬者はその一族とされていたが、昭和48年(1973年)に地元の歴史考古学研究家である鳥居治夫は、条里制の復元研究結果にもとづき同墓が坂上田村麻呂758年811年)の墓である可能性を指摘した。平成19年(2007年)、京都大学大学院文学研究科教授の吉川真司清水寺縁起弘仁2年(811年)10月17日付の太政官符表題の記述と当時の地図(条里図)を基にした山城国宇治郡山科郷古図東京大学蔵)とを照合することで坂上田村麻呂墓説を裏付けた。

副葬品[編集]

金銀平脱双鳳文鏡1面、金装大刀1振、鉄鏃、鉄刀子、鉄釘、鉄板2枚、用途不明鉄製品、硯1点、水滴1点、石帯破片、漆箱、桐箱。これら副葬品は第1発見者から京都大学に寄贈され、昭和28年(1953年)に山科西野山古墳出土品として一括して国宝に指定。現在は京都大学総合博物館所蔵で、平成18年(2006年)に保存処理された。この際、鉄板2枚は墓誌である可能性を考慮してX線撮影による調査が行われたが、新しい発見はなかったとされている[1]

文化財[編集]

国宝[編集]

  • 山科西野山古墳出土品 一括(考古資料)
    内訳は以下。京都大学総合博物館保管。1936年(昭和11年)9月6日に国宝保存法に基づき国宝(旧国宝)に指定、1950年(昭和25年)の文化財保護法施行により国の重要文化財に指定、1953年(昭和28年)3月31日に国宝(新国宝)に指定[2]
    • 金装大刀残闕 1口(附 帯執革飾金具4箇)
    • 革帯飾石残片 一括(附 金鋲一括)
    • 金銀平脱双鳳文鏡 1面(附 鏡奩残片2箇)
    • 刀子残闕 1口
    • 鉄鏃 一括
    • 鉄板 2枚
    • 瓦硯残闕 1面
    • 陶製水滴 1口
    • 鉄釘 一括

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2007年に京都大学総合博物館で開催された「京大の至宝 蘇る宝たち」の展示解説より。
  2. ^ 山科西野山古墳出土品 - 国指定文化財等データベース(文化庁