姫鶴一文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

姫鶴一文字(ひめつるいちもんじ、ひめづるいちもんじ)は、鎌倉時代作の太刀。国の重要文化財に指定されている[1]。指定名称は「太刀 銘一(号 姫鶴一文字)附 黒漆合口打刀拵」。

刀身・外装[編集]

刃長71.5cm、反り2.1cm、拵は全長104.4cm[1]

鍔の無い合口拵えで、上杉家刀剣に特徴的な様式である[1]。柄巻は藍革巻[注釈 1]

伝来[編集]

名の由来には諸説あり、昭和33年(1958年6月に開催された「歴史が物語る名刀展」リーフレットの解説では、波紋が鶴の翼に似ていることを挙げている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在では青がかった緑色となっているが、これは燻革(ふすべかわ:松葉などの煙でいぶした革。武具に使うものは鹿革をいぶしたものが一般的である)を藍染めにしたため、経年変化で色が褪せた結果、このような色味になったと推測されている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 渡邉 2017, p. 27.
  2. ^ 高山 2006, p. 25.
  3. ^ 日本美術刀剣保存協会協力団体庄内支部 『歴史を物語る名刀展 1-1』 日本美術刀剣保存協会協力団体庄内支部、2012年7月15日オリジナル2017年11月11日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20171111041740/http://toukensyonai.blog.fc2.com/blog-entry-94.html2017年11月11日閲覧 

参考文献[編集]

  • 高山一之 『日本刀の拵―高山一之作品集』 慶友社、2006年ISBN 978-4874492390 
  • 竹村雅夫 『上杉謙信・景勝と家中の武装』 宮帯出版社、2010年ISBN 978-4863660564 
  • 上杉博物館; 佐野美術館; 埼玉県立歴史と民俗の博物館 『上杉家の名刀と三十五腰』 佐野美術館、埼玉県立歴史と民俗の博物館、米沢市上杉博物館、2017年9月23日ISBN 978-4-915857-95-9 
    • 渡邉妙子 『太刀 銘 一 (姫鶴一文字) 黒塗合口打刀拵』、2017年9月23日、27頁。 

外部リンク[編集]