キドカラー大道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キドカラー大道(キドカラーおおみち、本名:大道隼人(おおみち はやと)、1964年8月10日 - )は日本の元タレントである。

プロフィール[編集]

  • 当時、出戻り弟子で先輩の古田古が裕福なたけしファンに恐喝まがいの行動を取った事に怒り、『スポーツ大将』の収録中にノックバットで病院送り(頭蓋骨骨折)にした。この事は「ノックバット事件」として知られ、当時ラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』でもこの事件の擬似裁判が番組企画として行われた。その結果、古田はその悪行が露見して永久破門。その他、太田出版高瀬幸途が彼を侮辱した事が発端で大道が太田出版に殴り込んだ事もあり気性の荒い一面を見せる。
  • 芸名の由来は上京直前までの職業が札幌の電器店勤務であった事から、座興での命名の場でたけしの連想で「電器店」⇒「テレビ」⇒「テレビと言えばキドカラー日立製作所)」とやや強引とも言える理由で付けられた。当初は出演する番組のスポンサーに合わせてパナカラー松下電器)やトリニトロンソニー)等と変化するという趣向だったが活躍する事はあまりなく、名前が変化する事は最後まで無かった。
  • 「たけし軍団セピア」在籍時代に、たけしの店「北の屋」を近藤真彦が訪れた際、近藤が乗りつけたフェラーリの見張りをさせられた事が有る。近藤と大道は同い年で、それをヒントにしたたけしが「同い年でもこんなに違う」というコーナーを『オールナイトニッポン』で始めている。
  • タレントはすでに廃業しており、芸能界とは距離を置いている。2013年4月末からTwitter上で、上記の殴り込み事件の顛末など、軍団在籍当時のエピソードを、たけしへの尊敬の念とともに一気に書き連ね話題となった。ごく短期間でアカウントは非公開になり、読むことができなくなった。この際のツイートは大部分が消去されたものの、アカウントは再度公開されており、ときおり軍団時代の思い出が書き連ねられている。

主な出演番組[編集]

主な関連書籍[編集]

  • ビートたけしの幸か不幸か(ニッポン放送出版1985年12月
  • ビートたけしの不幸中の幸い(ニッポン放送出版) 1986年12月
  • ツノだせヤリだせ たけし軍団物語(太田出版1986年7月
  • 12月10日から3月27日まで僕たちが考えたこと―作品集(太田出版) 1987年5月
  • ビートたけしのここに幸あり―カセット版ベスト・オブ・オールナイトニッポン(扶桑社1988年3月
  • ビートたけしの全面幸福(太田出版) 1988年5月
  • ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)(太田出版) 2008年1月

主な参加音源[編集]

  • I FEEL LUCKY(ビートたけし&たけし軍団)
  • たけし城音頭

外部リンク[編集]