コンテンツにスキップ

インターンシップ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インターンシップ
The Internship
監督 ショーン・レヴィ
脚本 ヴィンス・ヴォーン
ジャレッド・スターン
原案 ヴィンス・ヴォーン
製作 ヴィンス・ヴォーン
ショーン・レヴィ
出演者 ヴィンス・ヴォーン
オーウェン・ウィルソン
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ジョナサン・ブラウン
編集 ディーン・ジンマーマン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
ワイルド・ウェスト・ピクチャー・ショー・プロダクションズ
21ラップス・エンターテインメント英語版
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年6月7日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $58,000,000[1]
興行収入 $93,492,844[1]世界の旗
$44,672,764[1]アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

インターンシップ』(原題:The Internship)は、2013年アメリカ合衆国で製作されたコメディ映画。実話ではなくフィクション

ショーン・レヴィが監督を務め、ヴィンス・ヴォーンが製作・脚本・主演を務めた。共演はオーウェン・ウィルソンが行い、『ウェディング・クラッシャーズ』以来の共演となった[2]

日本では劇場公開されず、ビデオスルーとなった。

あらすじ

[編集]
プロローグ
ビリーは、時計販売会社に勤めているやり手の中年セールスマン。相棒のニックと共にコンビを組んで、セレブ経営者に高級腕時計を売り込み、コメディアンの掛け合いのようなマシンガントークで契約を勝ち取ってきた。
だが、ある日突然、二人は上司から会社が倒産したことを告げられる。その原因はスマートフォンが普及したことで、わざわざ時計を買う人が少なくなったためだった。デジタル時代に取り残され、突然職を失った二人は途方に暮れる。
序盤
だがある日、ビリーが驚くべき提案をニックに持ちかけてくる。それは、デジタル時代の代名詞である巨大企業Googleが募集しているインターンシップに自分たちも参加しようというものだった。専門的な知識がない自分たちでは「まず無理だ」と反対するニックだったが、ビリーの熱い説得に渋々了承し、二人はインターンシップへの参加を決意する。
大学にオンライン受講することで大学生になるという裏技を使い、図書館のパソコンを使ってオンライン面接に挑んだ二人は、お得意のマシンガントークでGoogleの面接官の質問を煙にまき、どん底に落ちている現状をアピールポイントにしてしまう。
多くの採用担当者が不合格の烙印を押したが、入社4年目の若手のライルだけが彼らのユニークな経歴に目をつけ、見事インターンシップに入り込む。
中盤
Googleのインターンシップは、実質的に正社員選考会である。ガイダンスで研修責任者のチェティーは、グーグルで働くのに必要なのは頭脳だけではなく、グーグリネス(グーグル的であること)が必要だと説明する。インターンはチームに分かれて競い合い、最終的に選ばれた1チームのメンバー全員が晴れて社員になれるという。
しかし、一流企業「Google」のインターンシップに参加する学生たちは、ほとんどが超一流大学の天才や秀才ばかりで、時代遅れの中年コンビでは太刀打ちできるわけがなく、悪目立ちして世代の違う2人とチームを組みたがる者は誰もいなかった。社員のライルははぐれ者を集め、『チーム・ライル』を結成する。メンバーはビリーとニック、アジア系のヨーヨーと、スマホを手放さないスチュアート、唯一の女性でインド系のネーハだ。
だが、なんのスキルもないビリーとニックは、なんの戦力にもならず足をひっぱりまくり、チームメイトからも邪険にされる始末だった。だが、持ち前のポジティブシンキングと話術で、次第にチームを引っ張るようになる。
終盤
Gメールのサポート業務をクリアすべく、徹夜で暗記をして課題に挑んだビリーだったが、ログインするのを忘れてしまいログ提出ができず、チームは最下位になってしまう。チームメイトに迷惑をかけてしまったことから、ビリーはインターンを続けることを辞める決意をする。だが、最終課題は二人が得意とする「営業」だった。
チームは近所のピザ屋に営業をかけていたが、昔ながらの営業方法を取りたい店を説得することができなかった。しかし、チームの前に現れたビリーとニックは、独立したがっているスタッフがいることを知り、店の営業規模を広げる提案をする。チームメイトたちも2人に協力して、次々にインターネットで情報を集めて、ついには店主の説得に成功してしまう。
ラスト
インターンシップの最終集計が終わり、ライバルチームが1位の表彰をされる直前に、チーム・ライルが音楽に合わせて登場する。ルールによると、1位が確定する前であれば再集計しなおせるという。再集計の結果、ピザ屋のフランチャイズ化に成功したチーム・ライルが1位を獲得して、ビリーとニックたちメンバーは正社員に選ばれる。

キャスト

[編集]

※括弧内は日本語吹替

主人公

[編集]
ビリー・マクマホン
演 - ヴィンス・ヴォーン山野井仁
ニックの相棒の、黒髪の中年セールスマン。
ニック・キャンベル
演 - オーウェン・ウィルソン森川智之
ビリーの相棒の、金髪の中年セールスマン。

チーム・ライル

[編集]
ライル・スポルディング
演 - ジョシュ・ブレナー英語版三宅貴大
グーグルに入社して4年目の、23歳の若手社員。ビリーとニックに興味を抱き、インターンになれるよう推薦する。
ヨーヨー・サントス
演 - トビット・ラファエル(河本啓佑
チーム・ライルのアジア系のインターン。
スチュアート・トゥオンブリー
演 - ディラン・オブライエン
チーム・ライルの白人インターン。
ネーハ・パテル
演 - ティヤ・シルカー白石涼子
チーム唯一の女性でインド系アメリカ人。

グーグル社員

[編集]
ダナ・シムズ
演 - ローズ・バーン東條加那子
グーグル社の社員で美人のアラサー。
マリエレナ・グティエレス
演 - ジェシカ・ゾア中村千絵
グーグル社のダンスインストラクター。
ミスター・ロジャー・チェティ
演 - アーシフ・マンドヴィ多田野曜平
インターンシップの現場責任者。
アンドリュー・アンダーソン(ヘッドフォン)
演 - ジョシュ・ギャッド丸山壮史
ヘッドホンをしている。実は決定権のあるインターンシップの総責任者。
セルゲイ・ブリン
演 - セルゲイ・ブリンカメオ出演
Googleの共同経営者。本人役。

ライバルチーム

[編集]
グレアム・ホートリー
演 - マックス・ミンゲラ阪口周平
ライバルチームのリーダー的なポジションで、主人公たちに意地悪な態度で接してくる。

その他

[編集]
ケヴィン
演 - ウィル・フェレル(クレジットなし)(斉藤次郎
マットレスの販売会社の社長。
サミー・ボスコ
演 - ジョン・グッドマン(クレジットなし)(楠見尚己

評価

[編集]

興行収入においては、制作費5,800万ドルに対し、全世界で9,300万ドル以上稼ぎ出す成果を上げた[1]

批評家の反応は割れており、批評サイトのMetacriticでは36件のレビューに基づき、加重平均値は42/100となっている[3]。 またRotten Tomatoesでは、162件のレビューに基づき35%と支持率は低く、批評家の総評では「ヴィンス・ヴォーンとオーウェン・ウィルソンのカリスマ性に大きく依存している定型的な脚本と、詰めこまれた展開で抑えている」と酷評している[4]

しかし、著名な批評サイトのロジャー・イーバートでシーラ・オマレーは、4つ星満点中3つ星の高評価を付けており、ヴィンス・ヴォーンとオーウェン・ウィルソンのコメディを「面白い化学反応」とし、『ウェディング・クラッシャーズ』以来9年ぶりの共演を歓迎している[2]

参考文献

[編集]

外部リンク

[編集]