三四郎のオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三四郎の
オールナイトニッポン0(ZERO)

三四郎のオールナイトニッポン
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送(稀に録音
放送期間 2015年3月31日深夜 - 2016年3月22日深夜、
4月1日(4月2日未明) - 2019年3月30日(0(ZERO)時代)
2019年4月5日 -
放送時間 毎週火曜27:00-28:30(NOTTV)、
毎週金曜27:00-29:00(LINE LIVE)(0(ZERO)時代)
毎週金曜 25:00-27:00
放送回数 207回
放送局 ニッポン放送ほか(ネット局を参照)(0(ZERO)時代)
ニッポン放送など全国36局ネット
制作 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 三四郎
(小宮浩信、相田周二)
テーマ曲 OP:MIYAVI「Ahead Of The Light」
ED:「BITTERSWEET SAMBA」(0(ZERO)時代)
OP:「BITTERSWEET SAMBA」
ディレクター 石井玄
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

三四郎のオールナイトニッポン』は、お笑いコンビの三四郎小宮浩信相田周二)がパーソナリティを担当するラジオ番組である。

概要[編集]

三四郎は2014年の「オールナイトニッポンGOLD 初笑いSP」で優勝し、同年3月に初めてパーソナリティを担当。相田の兄を題材にしたネタコーナーや2人のトークが好評を博し、計3回の単発放送を経てレギュラーを獲得した[1]

2016年3月23日に行われた記者会見で、4月1日から金曜日に放送時間を移動して継続すると発表[2]。2017年3月11日の放送で、以後も金曜の同枠で継続することを発表した[3][4]

2019年3月9日放送分にて、同年4月より金曜1部の時間帯に移動。『三四郎のオールナイトニッポン』としてリニューアルすることを発表した[5]。ZERO枠での放送期間4年は史上最長、旧2部枠時代を含めても谷山浩子のオールナイトニッポンと並び最長である。

放送時間[編集]

現在
  • 金曜日 25:00 - 27:00(2019年4月5日から)
オールナイトニッポン0(ZERO)時代
  • 火曜日 27:00 - 28:30(2015年3月31日から2016年3月22日まで)
  • 金曜日 27:00 - 29:00(2016年4月1日から2019年3月30日まで)

南海放送西日本放送は28:00まで。2015年度はNOTTVで29時00分まで、2016年・2017年度はLINELIVEで放送終了までと終了後5分から10分程度の限定配信した。収録放送の回および一部の例外を除く

パーソナリティ[編集]

  • 小宮浩信(前半のフリートークを担当)
  • 相田周二(後半のフリートークを担当)

テーマ曲[編集]

  • オープニング:ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラスBITTERSWEET SAMBA
  • エンディング:MIYAVI「Ahead Of The Light」
    • 『0(ZERO)』ではオープニングとして使用。この曲の冒頭が「ゲラへー!」と歌っているように聞こえることから、直後に相田がエコー付きで「ゲラへー!」と叫ぶのが恒例になっているほか、番組内でこの曲のことを「ゲラへー」と代名詞的に呼ぶこともある。
  • エンディング(オールナイトニッポン0(ZERO))
  • フィラー:パスピエ「金曜日の天使」/

Attractions「Rock'n the Weekend」/ 乃木坂46「13日の金曜日」/三浦大知「決戦は金曜日」/SHISHAMO「明日も」

現在のコーナー[編集]

  • バチボコ!
小宮が流行らせようとしている「バチボコ」というフレーズを使った文章を募集するコーナー。
「バチボコ」とは、ラジオ内で小宮が流行らせようと試みるもなかなか流行の兆しが見えていない造語で、「すごく」「とても」という意味合いがある[6]
  • 新・結婚できない男
2019年5月24日開始。コーナー開始当時、相田が視聴してハマった、2006年フジテレビ系列で放送した「結婚できない男」から着想を得たコーナー。
阿部寛演じる主人公・桑野信介の偏屈な台詞を募集するコーナー。テーマソングは、Every Little Thingの「スイミー」。[7]

過去のコーナー[編集]

  • ともゆき対平田

相田の兄「ともゆき」が書いているという、自分と同級生の平田とを比較するノートの内容を想像するコーナー。「◯◯(テーマ)・・・ともゆき、△△。平田、□□。勝者、平田」と、どのテーマでどちらが勝利したか、対決内容の投稿を募る。相田は「低レベルの戦いで、全部平田が勝つ」内容としている。コーナー導入時には、ジングルとしてサビに「知之(ともゆき)~♪」のフレーズがあるandymoriの楽曲「ジーニー」を用いた。

  • 週末エンタメ情報

充実した週末を過ごすためのエンタメ情報を募集するコーナー。相田は「この番組に情報性がプラスされると、まさに天下無敵状態」と言うが、大概地方のマイナーなイベント情報ばかりが紹介され、小宮に毎度ツッコまれる展開が恒例である。2016年1月19日の放送で終了。

  • 有楽町グレイテストヒットメガランキング

2015年6月30日に開始。曲名とその曲が自分にどう聞こえているのか募集するコーナー。2016年6月24日の放送で終了。

  • コミクシー・ダズ・有楽町

覆面芸術家「バンクシー」の実の兄(という設定)、「コミクシー」のアートのアイデアを募集するコーナー。このコーナーのみ募集用のメールアドレスが異なる。2016年7月8日に開始し、9月16日の放送で終了。

  • レリセッゴー

2016年9月23日開始。三代目 J Soul Brothersの楽曲『Feel So Alive』の曲中「1,2,3,4」の前に何かしらの前置きを書き、『準備はまだか グズグズするな Ready set go』の部分に当て込むワードを募集するコーナー。11月4日の放送で終了。

  • 人生のルート

2016年1月26日開始。とある人生の出来事の過程(ルート)の結果が「DEATH(悪い)」か「HEAVEN(良い)」だったのか、という文章を募集するコーナー。2016年1月12日放送分の小宮のフリートークを受けたリスナーのメールから派生した。2017年1月20日の放送で終了。

  • U!A!

2017年1月27日開始。『「絶対に言わないで」って言うくせに、言わないと言わないで怒るきんに君の様子』を募集する。小宮のフリートーク内で取り上げられたなかやまきんに君の奇行から派生したコーナー。SPWのゲストになかやまきんに君を呼ぶために始まったコーナーだが、スケジュールの都合で断られ、2017年2月24日の放送で終了した(番組コーナーでは最短)。

  • なぞなぞイッチー

2016年11月11日開始。市原隼人が出題しそうな『なぞなぞ』を募集するコーナー。前番組に市原が出演した際に、突然なぞなぞを出題した話題から派生した。2017年7月8日の放送で小宮の脳が焦げ切り終了。最後まで正解が出る事はなかった。

  • 小宮不動産

一人暮らしを始めたい相田に向けて、小宮がリスナーから募集した物件を紹介するコーナー。2017年7月22日に開始したが、相田が一人暮らしを始めたことが『ダウンタウンDX』出演時に判明し、10月28日の放送で終了した。

  • 新・ドラゴン桜

相田がDVDを借りて観て以来ハマった2005年のドラマ「ドラゴン桜」を下敷きにしたコーナー。東大こそ正義、東大に入ったら間違いない、リスナーも東大に行くべきと考える相田先生の「どんな人が東大に行くべきなのか」という一言を募集する。テーマソングは、ドラゴン桜の主題歌であるmelody.の「realize」。受験シーズンが過ぎたため、2018年4月7日放送分で終了。

  • 新・アンナチュラル

相田がハマったTBS系ドラマ「アンナチュラル」を下敷きにしたコーナー。リスナーが遭遇した不自然・不可思議な出来事を、事実であるかは問わずに募集し、内容を読み上げた後にドラマのテーマソングである米津玄師Lemon」が流される。2018年7月21日の放送で『Yurakucho: Become Human』に代替して終了した。

  • Yurakucho: Become Human

相田がハマったPlayStation 4用アクションアドベンチャーゲーム『Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)』を下敷きにしたコーナー。シチュエーションと選択肢、選択と結末を募集する。内容を読み上げる際、実際のゲームと同じBGMが流れるが、これは発売元であるソニー・インタラクティブエンタテインメントと開発元であるクアンティック・ドリームの許諾を得て使用している[8]。2019年5月17日の放送で『新・結婚できない男』に代替して終了した。

ゲスト及びその他の出演者[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

ピンチヒッター[編集]

特別番組[編集]

  • 2016年12月31日 25:00 - 29:00 三四郎のオールナイトニッポン 初笑いスペシャル
  • 2017年12月24日 27:00 - 29:00 ラジオ・チャリティ・ミュージックソンスペシャル
  • 2017年12月31日 23:30 - 29:00 三四郎のオールナイトニッポン 年越し初笑いスペシャル
  • 2018年3月2日 通常枠 三四郎のオールナイトニッポン0 第41回日本アカデミー賞スペシャル[10]
  • 2018年12月31日 25:00 - 29:00 三四郎のオールナイトニッポン 2019新春初笑いスペシャル
  • 2019年8月30日 25:00 - 29:00 三四郎と霜降り明星のオールナイトニッポン プレミアムラジオフライデー!絶対聴いてくれよなSP

※ニッポン放送の放送時間のみ記載

番組内の出来事[編集]

  • 2017年4月まで番組ノベルティが存在していなかったが、番組のリスナーであったイラストレーターの中村佑介が小宮の似顔絵を描いたことをキッカケに、小宮が「肖像権」を理由に冗談で文句を言いつつ「訴えてほしくなかったら相田の絵も描いて、番組ステッカー用のイラストを描いてください」とラジオ内で発言した。のちに中村が要望に応えて三四郎二人のイラストを描き下ろし、2017年4月1日の放送でイラストを印刷したステッカーをノベルティとして配布することが決定した[11]

スタッフ[編集]

  • ディレクター:石井玄
  • 構成:福田卓也、畠山健
  • ミキサー:大坪秀嗣
  • AD:齋藤修

脚注[編集]

  1. ^ “「もう一度、エピソード0から」新生ANN0にアルコ&ピース、三四郎”. お笑いナタリー. (2015年3月8日). http://natalie.mu/owarai/news/140329 2015年3月8日閲覧。 
  2. ^ “ニューヨークがANN0木曜担当に、金曜移動の三四郎が助言「自分らしさ出して」”. お笑いナタリー. (2016年3月23日). http://natalie.mu/owarai/news/180711 2016年3月23日閲覧。 
  3. ^ https://twitter.com/HikaruIshii/status/840297917420199936
  4. ^ “三四郎、異例のANN2部3年目突入 小宮「ずーっと2部」もファンは歓喜”. デイリースポーツ. (2017年3月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/11/0009988475.shtml 2017年3月11日閲覧。 
  5. ^ “三四郎、4月から「オールナイトニッポン」パーソナリティに!”. allnightnippon.com. (2019年3月9日). http://www.allnightnippon.com/news/20190309-39109/?pg=sanshiro 2019年3月9日閲覧。 
  6. ^ 三四郎、海外の有名ラッパーから“新曲のプレゼント”が届く”. ニッポン放送. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 新コーナーのお知らせ”. ニッポン放送. 2019年5月23日閲覧。
  8. ^ ソニー公認!?三四郎・相田がドハマり中の人気ゲーム「デトロイト」のパロディコーナー発足!”. ニッポン放送. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO) ラジオ・チャリティ・ミュージックソンスペシャル
  10. ^ a b 3/2 三四郎ann0”. ニッポン放送. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ “三四郎・小宮の“ムチャクチャな要望”で番組ステッカーが完成”. allnightnippon.com. (2017年4月5日). http://www.allnightnippon.com/news/20170405-3448/ 2017年4月5日閲覧。 

外部リンク[編集]

オールナイトニッポン0(ZERO)
前担当
三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)
火曜 27:00 - 28:30
次担当
オールナイトニッポン0(ZERO)
前担当
三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)
金曜 27:00 - 29:00
次担当
オールナイトニッポン 金曜
前担当
三四郎のオールナイトニッポン
金曜 25:00 - 27:00
次担当
-
2019年オールナイトニッポンパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜版(火曜未明に放送) 菅田将暉
火曜版(水曜未明に放送) 星野源
水曜版(木曜未明に放送) AKB48 乃木坂46
木曜版(金曜未明に放送) 岡村隆史
金曜版(土曜未明に放送) 山下健二郎 三四郎
土曜版(日曜未明に放送) オードリー