クアンティック・ドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クアンティック・ドリーム
Quantic Dream
Quantic Dream 2019 logo.png
種類 株式会社
本社所在地 フランスの旗 フランス パリ
設立 1997年
業種 ビデオゲーム制作事業
モーションキャプチャ事業
代表者 デイヴィッド・ケイジ (創立者)
キヨーム・デ・フォンダミア (COO)
従業員数 180名
外部リンク www.quanticdream.com
テンプレートを表示

クアンティック・ドリームQuantic Dream)は、1997年に設立されたフランスパリに拠点を置くゲーム制作会社である。[1] 映画やゲームのモーションキャプチャも引き受けている。

歴史[編集]

1999年PCドリームキャスト用ソフト『Omikron: The Nomad Soul』を第一作目として開発。このゲームの音楽はデヴィッド・ボウイが担当している。その後「Quark」というゲームを開発していたが後にキャンセルされた。2002年に『ファーレンハイト』(北米版タイトルは Indigo Prophecy)の開発に着手し始める。このゲームでは、プレイヤーの選択によって様々なストーリーが楽しめるインタラクティブシネマ技術が取り入れられた。

ファーレンハイトは発売前から世界的に高い評価を受け[2] クアンティック・ドリーム公式サイトによると80万本を売り上げた。2005年にはPS3用ソフト『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』と「Omikron 2」の開発を発表。『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』は2006年に行われたE3で発表したデモ映像で鮮明なグラフィックなどが高い評価を呼び[3] 2010年に発売された後200万本の売り上げを記録した。[4]

『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』が3タイトルを獲得した英国アカデミー賞BAFTAのビデオゲームアワードで、ケイジは「ゲームは同じものを求めてきた。強さを持った悪に対抗する主人公像は、ゲームの中ではごく一部にしか過ぎない。他に存在する様々な物語、感情は画期的な材料になりつつあり、我々は今後これらを取り入れることが出来るだろう。」とコメントしている。

今後のプロジェクト[編集]

『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』のダウンロードコンテンツが配信されたが、デイヴィッド・ケイジは「Heavy Rain 2」の開発は予定していないと明言した。クアンティック・ドリームは現在2つのプロジェクトに取り掛かっており[5] 、ケイジによると、次のゲームはシリアルキラーではなく感情に焦点を当てた作品になるという。[6]

2011年8月SCEEが「Infraworld」を商標登録し、クアンティック・ドリームの次回作との噂も出た。「Infraworld」はクアンティック・ドリームでの開発が2006年に中止されており、『HEAVY RAIN 心の軋むとき』にこのタイトルを使ったイースターエッグが発見されている(Quantic Dreamのロゴが書かれたInfraworldのポスターがゲーム内で確認できる)。

2012年3月7日、ショートムービー「"Kara"」が発表され、モーションキャプチャを用いた新しいゲームエンジンをPS3上で動かせてみせた。ムービーでは、考えるという思考を発見してしまった最新型アンドロイドと、その彼女の思考に対するオペレーターの葛藤が描かれている。[7] ムービーは1年以上前に新エンジンが開発され始めた際に作られており、新エンジンは開発段階だが機能は50%ほど向上したという。

主な製作ゲーム[編集]

タイトル 発売時期 プラットフォーム
Omikron: The Nomad Soul 1999年 Windows
2000年 ドリームキャスト
ファーレンハイト
Fahrenheit
2005年 Windows/PlayStation 2/Xbox
2007年 Xbox 360
HEAVY RAIN -心の軋むとき-
Heavy Rain
2010年 PlayStation 3/PlayStation 4/Windows (HDリマスター版)
BEYOND: Two Souls
Beyond: Two Souls
2013年 [8]
デトロイト ビカム ヒューマン[9]
Detroit: Become Human
2018年 PlayStation 4/Windows

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]