黄初平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
道教
中国語
繁体字
簡体字
朝鮮語
ハングル
ベトナム語
ベトナム語 đạo giáo

黄初平(こう しょへい、328年? - 386年?)は、代中国の仙人。「黄」は「皇」と書く場合がある。黄大仙道教系寺院)に本尊として祀られる。

概略[編集]

浙江丹渓(浙江省金華市)の人。15歳の時に命じられて羊飼いをしたが、一人の道士に気に入られて金華山の石室に連れて行かれる。兄の初起が40年後に探し当て、初平は白い石を1万頭の羊に変じる術を見せた。兄もまた妻子を捨てて初平とともに仙道をきわめ、不老不死となった。初平はその後「赤松子」と名を変え、初起も「魯班」と称したと『神仙伝』にあるが、赤松子・魯班(公輸盤)ともに前の時代の伝説的人物である。

参考文献[編集]