イムホテプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イムホテプ
Imhotep
Imhotep-Louvre.JPG
イムホテプ像(ルーブル美術館所蔵)
生誕 紀元前2700年頃
死没 紀元前2610年頃
職業 宰相神官博学者

イムホテプ (Imhotep, Immutef, Im-hotep, Ii-em-Hotep, Imuthes) は、古代エジプトの高級神官。第3王朝ファラオジェセルに仕えた宰相で、第3王朝最後のフニの時代まで活躍したとされる。

トートの神官であり、祭儀文朗読神官長の地位にあったが、ナイル川が7年にわたって氾濫せず、深刻な飢饉が発生した際、ジェセルからどうすべきか下問されたところ、ナイル川の水源の主であるクヌムの神殿に土地を寄進すれば再びナイル川は氾濫するであろう、と答えたと記す古代文書が発見されている。

また、史上初のピラミッドといわれる、ジェセル王のピラミッドを設計したことでも知られる。建築家としてのみならず、内科医としても優れ、死後には「知恵、医術と魔法の神」として神格化され、ギリシャの医神アスクレーピオスと同一視された。

イムホテプはメソポタミア出身という説がある。

ジェセル王のピラミッドのそばには、名を記念したイムホテプ博物館がある。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都をはじめとしたシリーズに「イムホテップ」という名の神官が登場する。