左慈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
左慈
左慈
左慈

方士
出生 不詳
揚州廬江
死去 不詳
ピン音 Zuǒ Cí
元放(げんぽう)

左 慈(さ じ、中国語: 左 慈; ピン音: Zuǒ Cí; ウェード式: Tso Tz'ŭ)は、中国後漢時代末期の方士。字は元放中国語: 元放; ピン音: Yuanfang)。揚州廬江郡の人。

正史では『後漢書』82巻方術列伝下[1]に伝記がある。そのほか『捜神記』『神仙伝』などに詳しい。

正史における左慈[編集]

左慈はかつて司空であった曹操の宴席に招かれ、曹操がふと「江東松江があればなあ」と呟いた時、水をはった銅盤に糸を垂らして鱸を釣り上げてみせた。曹操は手を打って大笑いし、さらに「巴蜀生姜がないのが残念だ」とこぼして「使者に蜀の錦を買いに行かせたが、あと二反を買い足すように伝えておいてくれ」と言った。左慈はすぐに生姜を手にして帰ってきた。後日、使者は益州から帰ってきた時、左慈に会ったので錦を買い足したと証言した。

曹操が従者百人程を連れて近くまで出かけた折り、左慈は酒一升と干し肉一斤を携えてそれを配った。従者たちは皆酩酊し、満腹した。曹操が不思議に思って調べさせると、酒蔵から酒と干し肉がすっかり無くなっているとの事。このため、曹操が腹を立てて左慈の逮捕を命じれば、左慈は壁の中に消えていった。また、市場でその姿を見たという者があったので追及させると、市場にいる人々が皆左慈と同じ姿であった。

陽城山の山頂で左慈に会ったとの証言を得たので、逮捕に向かわせると、左慈は羊の群れに逃げこんだ。曹操が「殺すつもりはない。君の術を試したかっただけだ」と伝えさせたところ、一頭の雄羊が二本足で立ち上がって人間の言葉で返事をした。皆で一斉に飛びかかると、数百頭の羊が皆立ち上がって人間の言葉を話したので、捕まえる事ができなかった。

『後漢書』方術列伝下、『三国志裴松之の注に引用される曹丕の『典論』論郄儉等事、『全三國文』8巻論郄儉等事[2]曹植の『弁道論』に記述あり、『弁道論』では、

世有方士 吾王悉所招致 甘陵有甘始 廬江有左慈 陽城有郄儉 始能行氣導引 慈曉房中之術 儉善辟穀 悉號數三百歲 所以集之於魏國者 誠恐此人之徒接奸詭以欺眾 行妖惡以惑民 故聚而禁之也 — 曹植『曹子建集』10巻 辯道論[3]
辯道論云 世有方士 吾王悉所招致 甘陵有甘始 廬江有左慈 陽城有郄儉 始能行氣導引 儉善辟穀 悉號三百歲 — 曹丕『全三國文』8巻 論郄儉等事[2]

「世に方士(方術の士)あり。王(曹操)が招いた。甘陵の甘始、廬江の左慈、陽城の郄倹である。(甘)始は行気導引をし、(左)慈は房中術に通じ、(郄)倹は辟穀をした。皆300歳と号した。」とある。

三国志演義における左慈[編集]

小説『三国志演義』では、峨眉山で30年の修行の末、石壁の中から遁甲天書3巻(天巻・地巻・人巻)を手に入れ、方術が使えるようになったと描かれている。

左慈は、江東から華北に向けて温州柑子を運んでいた人々の前に現れ、荷物が重いと愚痴をこぼす声を聞くなり「ならば」と方術を使い、荷物を軽くする。後で曹操がその柑子の皮を剥くと中身は空で、果肉は一つも無いのだが、左慈が剥くと果汁が滴る程で果肉はあるのである。

この事で左慈の方術に興味を持った曹操が、左慈に飯を与えると酒5斗を飲んでも酔わず、羊を1頭を食べても食べ足らないばかりか、その席で曹操を翻弄し、引退して天下を劉備に譲れば遁甲天書を譲ると言ったため、これに怒った曹操により投獄されてしまう。しかし何度拷問しても全然苦しむ様子もなく、呆れた執行人が後で様子を見に行くと鎖が外れている。それならばと今度は何日も食事を与えなかったが、逆に生き生きとしていくのである。

その後も曹操により投獄され続けられるが、ある日、曹操が開いた宴に突如として現れ、巴蜀の地方で手に入る酒・肉を持ち込み、鱸を池に釣い、絵に描いた龍から肝で取り出し、簪で杯の酒を二つに割って飲み、さらに燃やした筈の孟徳新書を出して見せるという事をする。そして杯を宙に投げると一羽の鶴になって、左慈はいつの間にか姿を消してしまうのである。

このため曹操は許褚に命じて逃げた左慈を追跡させる。程なくして許褚は歩いている左慈を発見するが、追いつこうとしても一向に距離が縮まる事はなく、全く追いつけない。やがて左慈が羊の群れの中に紛れ込んだが、どれだけ探しても左慈の姿が発見できなかったので、許褚は羊を皆殺しにする。その光景を見ていた羊飼いの牧童が泣いていると、「首と胴を元に戻せ」と左慈の声が聞こえたため、牧童がその様にすると羊は全て生き返り、平然と動き出すのである。

この報告を受けた曹操は似顔絵を撒いて左慈を探させ、発見次第首を刎ねようと考える。左慈がすぐに発見されるが、同じ顔の左慈が引き出される事2・300人にも上ってしまったため、曹操は全員の首を刎ねさせる。すると斬られた首が青い煙となって昇り、瞬く間に左慈の姿となる。左慈は白鶴を呼び寄せその背中に乗り、曹操の死を予言して何処かへと去ってしまうのである。そして激しい突風が吹くと、首を刎ねられた死体が一斉に曹操に襲い掛かり、曹操は昏倒し病に伏してしまった事にされている。

[編集]

  1. ^ Wikisource reference 范曄 司馬彪 劉宋. 後漢書/卷82下. - ウィキソース. 
  2. ^ a b Wikisource reference 曹丕. 全三國文/卷8#.E8.AB.96.E9.83.A4.E5.84.89.E7.AD.89.E4.BA.8B. - ウィキソース. 
  3. ^ Wikisource reference 曹植. 曹子建集/卷十#.E8.BE.AF.E9.81.93.E8.AB.96. - ウィキソース. 

関連項目[編集]