金網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金網

金網(かなあみ)は、金属の線材を織り込んで状とした金属製品。広い産業分野や家庭生活でも使用されている。

日本において、明治初期頃には使用され始め、広く普及するようになった。のほか、ざる焼肉バーベキュー用の焼網など身近な製品にも使われている。

種類[編集]

金網には使用目的により、製作方法や仕上がりに多くの違いがある。一般によく見られるものに以下がある。

織金網
ごく一般的な金網。平織、綾織、平畳織、トンキャップ織、フラットトップ織など織り方や使用目的によりいくつかの種類に分けられる。建物の外気を取り込む場合にが侵入するのを防ぐ目的で使われる。網戸は金網でなくプラスチック製の網である。
亀甲金網
六角形に編んだもので、よく鳥小屋などに使われている。空調の分野においてダクトの保温に使われるグラスウールの固定に使われる、一般に金網押さえといえば亀甲となる。
クリンプ金網
バーベキュー網などに使われているもので、線材を波形に曲げて編んだもの。建物の空気を外から取り込む際にダクト内に鳥が入るのを防ぐ防鳥網としても用いられる。
タフクリーン(菱形金網)
菱形の網目で構成されており、目詰まり防止などに効果がある。ワイヤーが交差する点がないため、表面が平らで抵抗が少なく摩耗しにくい特徴を持つ。
パンチングメタルの調理ボウル
パンチングメタル
金属の板に穴を空けて加工したスクリーンであり、高い耐久性を持つ。風量抑制、風速分布の均一化に用いられる。開口の程度は、開口穴の大きさとその開口穴のピッチ、例えば2φ4ピッチ-60度などと呼ばれる。
ウェッジワイヤースクリーン(溶接金網)
全ての接合部分が溶接によっているため、高い強度と軽量化を実現。あらゆるバリエーションに成形できるため、脱水機、遠心分離器井戸スクリーン、各種ストレーナーなど幅広い分野で使われている。土間コンクリートを打つ場合の鉄筋の代用としても用いられる。

その他、多くのメーカーによって様々金網が製作され、呼び方もまちまちのようである。

用途[編集]

境界用[編集]

金網は敷地の境界を示したり、侵入や脱走を防いで安全を確保したりする目的で多用される。

実験器具[編集]

実験器具としての金網は、化学実験での加熱の際に三脚の上に載せて用いられる。中央の部分に円形に難燃性の素材が貼られており、かつては石綿製が多かったが、石綿は人体に有害であるため、現在ではセラミック製のものが多くなっている。

調理器具[編集]

魚やを焼くために使用されてきた。魚を焼く道具としては他に鉄灸があったが、これの代用品として利用された[1]。焼くものによって金網は使い分けられ、それぞれ魚網、餅網と呼ばれた[1]。また、形状も、丸い形の網と、角形の網があった[1]

防災・土木工事[編集]

日本では、多数のや金網で包んだ蛇篭が、河川の氾濫を防ぐ護岸工事などに使われてきた。この技術をネパールに応用して、石積みの家屋を金網で覆って耐震補強する取り組みが進んでいる[2]

網目の単位(メッシュ)[編集]

金網のスペックメッシュという単位が使われる事がある。この「メッシュ」は1インチ (25.4mm) に網目がいくつあるかを表している。100メッシュと言えば1インチ上に100の網目があることを指す。クリンプ金網などの大きな開き目では、線径と開き目で表される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
出典
  1. ^ a b c 民具の世相史・81頁
  2. ^ 「金網で手軽に耐震補強/ネパール支援へ 石積み家屋の倒壊防止に期待/千葉大と防災科技研 開発着手」『毎日新聞』朝刊2018年10月24日(東京面)2018年11月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]