麩の焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

麩の焼き(ふのやき)は、小麦粉を主体とした和菓子である。小麦粉を水で溶いて薄く焼き、芥子の実などを入れ、山椒味噌砂糖を塗った生地を巻物状に巻いて成形する。麩焼き(ふやき)、のものとも呼ぶ。

巻いた形が巻物経典を彷彿とさせることから、仏事用の菓子として使われた。「秋の」の和菓子であり、茶会の茶菓子として安土桃山時代千利休が作らせていた。利休の茶会記『利休百会記』にもたびたびその名が見える。江戸時代には、味噌に替えてを巻く助惣焼が流行した。水溶き小麦粉を鉄板で焼くという調理法の嚆矢であることから、お好み焼きの遠い祖先とされることもある。

地方名[編集]

滋賀県北部の方言では「ふなやき」と発音する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]