重光宏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロッテグループ > 重光宏之
しげみつ ひろゆき(シン・ドンジュ)
重光 宏之(辛 東主)
生誕 (1954-01-28) 1954年1月28日(64歳)
日本の旗 東京都
国籍 大韓民国の旗 韓国[1]
出身校 青山学院大学理工学部
青山学院大学大学院理工学研究科経営工学修士課程修了
職業

SDJコポレーション会長
光潤社代表取締役社長
公益財団法人ロッテ財団理事長
ロッテホールディングス副会長
元ロッテ商事代表取締役社長

元株式会社ロッテ 取締役副会長
配偶者 趙銀柱
子供 1男 1女
辛 東主(重光 宏之)
各種表記
ハングル 신동주
漢字 辛東主
発音: シゲミツ ヒロユキ
シンドンジュ
日本語読み: しげみつ ひろゆき
ローマ字 Shin Dongju
Shigemitsu Hiroyuki
テンプレートを表示

重光 宏之(しげみつ ひろゆき、1954年1月28日 - )は、東京都出身の在日韓国人二世の実業家である。ロッテグループ元副会長。韓国名は辛 東主(シン・ドンジュ、신동주)。重光武雄の長男。

来歴・人物[編集]

松濤幼稚園から青山学院初等部入学。1976年青山学院大学理工学部経営工学科卒業、1978年青山学院大学大学院理工学研究科経営工学修士課程修了。1978年三菱商事に入社する。1987年ロッテ商事入社。1988年同社取締役。1991年株式会社ロッテ常務取締役、2001年取締役副社長、2009年株式会社ロッテホールディングス取締役副会長となる。日本チューインガム協会会長、ロッテ国際奨学財団理事長も兼ねた。

2011年ロッテ商事代表取締役副会長兼社長に就任した[2]。ロッテ商事の社長交代は、1952年12月にロッテの営業部を独立させて設立以来初めてのことであった。

2014年12月、ロッテ商事社長などグループ三社の役職を解かれた。

2015年1月、ロッテホールディングス取締役副会長職も解かれ、事実上経営陣から放逐された[3]

2018年2月15日韓国の前大統領朴槿恵とその友人への贈賄罪(崔順実ゲート事件)に問われた弟昭夫が懲役2年6カ月の実刑判決を受けて身柄を拘束されたこと受けて宏之がロッテホールディングスの筆頭株主である光潤社の社長として報道資料を出し「日韓ロッテグループの代表者の地位にある者が横領・背任、贈賄などさまざまな犯罪行為で有罪判決を受け、収監されたことはロッテグループの70年の歴史上、前代未聞の出来事」だとし、昭夫の「即時辞任・解任」とコーポレート・ガバナンスの刷新・建て直しが不可欠だと強調した[4]

日本で生まれ育ったため、会話では日本語を用いる。韓国語は聞き取ることはできるが、話すことは出来ない。2015年の韓国メディアによるインタビューにも日本語で答えたため、韓国では「韓国語を忘れてしまった韓国人が韓国人と言えるのか」「国籍は韓国だが精神は日本人」と批判された[5]。これ以降の韓国マスコミとのインタビューは英語で行われている[6]

脚注[編集]