永井建子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
陸軍二等軍楽長(中尉相当官)時代の永井建子

永井 建子(ながい けんし、慶応元年9月8日1865年10月27日) - 昭和15年(1940年3月13日)は、日本陸軍軍人音楽家作曲家。最終階級は陸軍一等軍楽長(大尉相当官)。陸軍戸山学校軍楽隊第6代楽長(隊長)。広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町)生まれ。

草分けと言われる軍歌のほかに歌劇唱歌校歌崇徳高等学校早稲田実業拓殖大学大谷大学ほか)も多く手掛けている。軍歌『元寇』、『雪の進軍』、『歩兵の本領』(原曲『小楠公』)は特に有名。長男・永井巴も作曲家。声楽家川崎豊は甥(妹の子)。

略歴[編集]

主な作品[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和12年(1937年)に相当官制が廃止され「各部」も「兵科」と階級は同一称になり、三等軍楽長は軍楽少尉、楽長補は准尉、二等楽手は軍楽軍曹、楽手補は軍楽上等兵などと称される。

参考書籍[編集]

  • 堀雅昭『戦争歌が映す近代』葦書房、2001年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]