矢野真 (外交官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

矢野 真(やの まこと、1884年8月19日 - 1962年2月4日)は、日本の外交官

経歴[編集]

矢野真三郎の三男として、福岡県朝倉郡(後の朝倉市)に生まれる。炭鉱経営者の篤志家佐藤慶太郎の無条件の奨学金支援によって、福岡県立中学修猷館東京府立第一中学校を経て、旧制第一高等学校英法科を首席で卒業し、1911年、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業する(銀時計)。

1911年、高等文官試験行政科を首席合格して東京府試補となり、翌1912年、オックスフォード大学に留学。1913年に帰国して高等文官試験外交科を首席合格し、1914年、外交官補としてイギリスに在勤する。なお、高等文官試験の行政科および外交科に共に首席合格を果たしたのは矢野真唯一人である。1917年、帰国して外務事務官兼外務書記官となり、1920年、政務局第一課に配属。同年9月、ジュネーブにおける第1回国際連盟総会に、日本代表者随員として出席する。

1921年、公使館二等書記官として支那在勤、1922年、山東懸案解決共同委員会に日本国委員随員として出席する。1924年、大使館一等書記官としてベルギー在勤、1928年7月、総領事として広東在勤、1930年、公使館一等書記官として支那在勤、同年、大使館参事官として中華民国在勤(1932年8月には臨時代理公使を務めている)、1934年2月、駐チリ兼ボリビア特命全権公使を経て、1936年5月、駐スペイン特命全権公使に就任する。1940年、外務省嘱託となり、1941年、仏印タイ国国境画定委員会日本国委員を務める。戦後は、NHK専務理事・国際局長などを歴任する。

妻は石井菊次郎の娘かよ。