厚生労働事務次官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

厚生労働事務次官(こうせいろうどうじむじかん)は、国家公務員の役職の一つである。

厚生労働省において職業公務員(官僚)が就く一般職の職員のうち最高の地位、つまり官僚ナンバー1のポストである。現在の定数は1人。

職務[編集]

事務次官は、各省にあっては省の長である大臣を助け、省務を整理し、各部局及び機関の事務を監督する(国家行政組織法第18条第2項)ことを職務とする。

なお、事務次官の設置は、内閣制度発足に伴い各省に置かれた次官に遡る。1949年(昭和24年)6月1日の国家行政組織法施行により、事務次官に改称されて、現在に至る。

地位・身分[編集]

事務次官の身分は一般職の国家公務員である(防衛事務次官を除く)。一般職は、一般職の職員の給与に関する法律(一般職給与法)に基づいて俸給月額が決定される(検察官は除く)が、事務次官は同法による俸給月額のうち最高額の指定職8号俸を支給される。

歴代事務次官[編集]

氏名 出身 前職 在任期間 退任後の役職
近藤純五郎 厚生省 厚生省保険局 2001年(平成13年)1月6日-
2002年(平成14年)8月30日
年金資金運用基金理事長
社会福祉法人浴風会会長[1]
澤田陽太郎 労働省 職業安定局 2002年(平成14年)8月30日-
2003年(平成15年)8月29日
中央労働災害防止協会理事長
大塚義治 厚生省 厚生労働審議官 2003年(平成15年)8月29日-
2004年(平成16年)7月23日
学校法人日本赤十字学園理事長
日本赤十字社副社長
戸苅利和 労働省 厚生労働審議官 2004年(平成16年)7月23日-
2006年(平成18年)9月1日
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構
理事長
辻哲夫 厚生省 厚生労働審議官 2006年(平成18年)9月1日-
2007年(平成19年)8月31日
公益財団法人正力厚生会理事長[2]
一般財団法人健康・生きがい開発財団理事長[3]
一般社団法人ヘルスケアイノベーションプロジェクト代表理事[4]
東京大学高齢社会総合研究機構教授・執行委員
江利川毅 厚生省 内閣府事務次官 2007年(平成19年)8月31日-
2009年(平成21年)7月24日
人事院総裁
公立大学法人埼玉県立大学理事長[5]
公益財団法人医療科学研究所代表理事
水田邦雄 厚生省 保険局長 2009年(平成21)7月24日-
2010年(平成22年)7月30日
全国土木建築国民健康保険組合理事長[6]
一般社団法人シルバーサービス振興会理事長
国際長寿センター日本代表[7]
社会福祉法人浴風会理事[8]
阿曽沼慎司 厚生省 医政局 2010年(平成22年)7月30日-
2012年(平成24年)9月10日
国立大学法人京都大学理事(産官学連携担当)[9]
金子順一 労働省 労働基準局 2012年(平成24年)9月10日-
2013年(平成25年)7月2日
大正大学地域構想研究所顧問・教授
公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会理事
ボストン・コンサルティング・グループシニアアドバイザー
村木厚子 労働省 社会・援護局 2013年(平成25年)7月2日-
2015年(平成27年)10月1日
伊藤忠商事株式会社取締役
大阪大学男女協働推進センター招へい教授
SOMPOホールディングス株式会社監査役
二川一男 厚生省 医政局長 2015年(平成27年)10月1日-
2017年(平成29年)7月11日
蒲原基道 厚生省 老健局 2017年(平成29年)7月11日-

脚注[編集]

  1. ^ 「役員等一覧」社会福祉法人浴風会
  2. ^ 「当財団の辻哲夫理事長が読売新聞に登場しました」公益財団法人正力厚生会
  3. ^ 財団の紹介・理事長ごあいさつ一般財団法人健康・生きがい開発財団
  4. ^ 法人概要一般社団法人ヘルスケアイノベーションプロジェクト
  5. ^ 「理事長の江利川毅からのメッセージです。」公立大学法人埼玉県立大学
  6. ^ 「役員/アドバイザー紹介」日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会
  7. ^ 「ILC-JAPAN:企画運営委員会」国際長寿センター
  8. ^ 「役員等一覧」社会福祉法人浴風会
  9. ^ 「阿曽沼 慎司(あそぬま しんじ)理事の略歴等です。」国立大学法人京都大学

関連項目[編集]