水城幾雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水城 幾雄(みずき いくお)は、日本外交官

人物・経歴[編集]

福岡県出身。福岡県立修猷館高等学校を経て、1975年(昭和50年)一橋大学経済学部を卒業する。外務公務員上級試験に合格し、1975年(昭和50年)外務省に入省した。北京香港ハーヴァード大学大学院に留学。

外務省情報調査局情報課企画官、在香港日本国総領事館政治部長、内閣官房内閣情報調査室内閣調査官、核燃料サイクル開発機構国際・核物質管理部次長、在ニュージーランド公使、在ポーランド公使、ホーチミン総領事を経て2010年平成22年)からパナマ駐箚特命全権大使[1]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 時事通信〔パナマ大使〕水城幾雄氏 2010年8月20日、『古 く て 新 し い も の - Events - International Research Center for .. ...』日本文化研究センター

外部リンク[編集]