秋山理敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 理敏(あきやま まさとし、1897年明治30年)4月 - 1947年(昭和22年)9月29日[1])は、日本外交官。駐パナマ公使を経て、第二次世界大戦後、終戦連絡京都事務局局長を務めた。

経歴[編集]

長野県上伊那郡藤沢村(現伊那市)出身。長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)を経て、1920年大正9年)、東京高等商業学校を卒業し、高等試験外交科に合格した。外務属となり、1922年(大正11年)には東京商科大学(現在の一橋大学)専攻部領事科を卒業した。領事官補、外務事務官・通商局第一課勤務、イタリア大使館三等書記官、同二等書記官、通商局第三課勤務・外務大臣秘書官、外務書記官・大臣官房電信課長、企画庁調査官・総裁秘書官、企画院書記官、中華民国大使館一等書記官、シドニー総領事を歴任。1941年(昭和16年)、駐パナマ公使に任命され、コスタリカニカラグアの公使も兼ねた。日本の降伏後終戦連絡京都事務局局長[2]

脚注[編集]

  1. ^ 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、5頁。
  2. ^ 5.軍政組織および人事(組織)/3)各軍団軍政部関係/分割1アジア歴史資料センター

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十七年版』日本官界情報社、1942年。