藤島安之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤島 安之(ふじしま やすゆき、1947年(昭和22年)3月25日 - )は、日本の通産官僚。元通商産業大臣官房審議官。元駐パナマ大使新潟県出身。

略歴[編集]

  • 新潟県立柏崎高等学校卒業
  • 1969年(昭和44年)6月:東京大学法学部卒業
  • 1969年(昭和44年)7月:通商産業省入省。特許庁総務部総務課配属
  • 1975年(昭和50年)1月:中小企業庁長官官房総務課国際班長
  • 1975年(昭和50年)8月:中小企業庁長官官房総務課企画調整班長
  • 1976年(昭和51年)5月:資源エネルギー庁公益事業部開発課長補佐
  • 1977年(昭和52年)9月:通商産業省通商政策局米州大洋州課長補佐
  • 1978年(昭和53年)9月:通商産業大臣官房秘書課付
  • 1979年(昭和54年)4月:在スペイン大使館一等書記官
  • 1982年(昭和57年)5月:通商産業省産業政策局産業組織政策室長
  • 1984年(昭和59年)8月:資源エネルギー庁公益事業部開発課電源立地企画官
  • 1985年(昭和60年)11月:内閣法制局第四部参事官
  • 1990年(平成2年)6月:通商産業省産業政策局産業資金課長
  • 1992年(平成4年)6月:通商産業省貿易局総務課長
  • 1993年(平成5年)6月:資源エネルギー庁長官官房総務課長
  • 1994年(平成6年)7月:中部通商産業局長
  • 1995年(平成7年)6月:中小企業庁計画部長
  • 1996年(平成8年)7月:通商産業大臣官房審議官(産業政策局担当)
  • 1997年(平成9年)7月:経済企画庁日本銀行政策委員会経済企画庁代表委員
  • 1998年(平成10年)4月:通商産業大臣官房付
  • 1998年(平成10年)7月:駐パナマ大使
  • 2001年(平成13年)7月19日:退官
  • 2001年(平成13年)8月:日商岩井株式会社業務顧問
  • 2002年(平成14年)6月:日商岩井株式会社常務執行役員
  • 2002年(平成14年)11月:株式会社ワコム取締役
  • 2003年(平成15年)4月:日商岩井株式会社取締役専務執行役員
  • 2003年(平成15年)8月:リスクモンスター株式会社取締役
  • 2003年(平成15年)8月:株式会社日商岩井総合研究所代表取締役社長
  • 2004年(平成16年)4月:双日株式会社取締役専務執行役員
  • 2004年(平成16年)4月:株式会社双日総合研究所代表取締役社長
  • 2005年(平成17年)7月:日商エレクトロニクス株式会社取締役
  • 2005年(平成17年)10月:双日株式会社代表取締役専務執行役員
  • 2008年(平成20年)4月:双日株式会社副社長執行役員
  • 2010年(平成22年)4月:双日株式会社顧問
  • 2010年(平成22年)8月:互助会保証株式会社代表取締役社長
  • 2011年(平成23年)3月:双日株式会社顧問退任

同期入省者[編集]

同期に、町村信孝佐野忠克(経産審議官、京大法卒)、及川耕造(特許庁長官)、太田信一郎(特許庁長官)、佐瀬正敬(沖電気執行役員)、岩田満泰(関電副社長、中小企業庁長官、近畿通産局長、東大経卒)、綾部正美(帝国石油専務、大臣官房調査統計部長)、作田穎治(住金専務、基礎産業局長、慶大経卒)、松倉浩司(交流協会元専務理事、東北通産局長)、河本博隆(特許庁審査第一部長)、野村弘(弁護士、1972年退官)など。

その他役職[編集]