池田七郎兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 七郎兵衛(七郎兵衞、いけだ ひちろうべい[1] / しちろべえ[2][3]1882年明治15年)6月11日[4] - 1962年昭和37年)2月20日[2][3][5])は、大正から昭和前期の地主、農業経営者、実業家政治家衆議院議員参議院議員福井県足羽郡酒生村長。幼名・千代三[1][6]

経歴[編集]

福井県[2][3][5]足羽郡荒木新保村[1]酒生村荒木新保[7]、足羽村、足羽町を経て現福井市[1])で、地主、先代・池田七郎兵衛の三男として生まれる[1][6]。北陸中学校(現北陸中学校・高等学校)を卒業[1]。1913年(大正2年)父の死去に伴い家督を相続し七郎兵衛を襲名した[1][6]。農業を営む[6]

経営不振の第九十一銀行を買収して取締役頭取に就任[1][2][3][7]。その他、福井紡績取締役、大正電気取締役、白山水力電気取締役、福井電力取締役、日本水力監査役などを務めた[2][3]。また、足羽郡教育会長、同農会長、足羽馬匹組合長、酒生村耕地整理組合長、同信用購買販売利用組合長、福井県農会評議員、同畜産組合連合会副会長などを歴任した[2][3]

政界では、1915年(大正4年)[注 1]福井県会議員に初当選し県政革新会の結成に参画[1]。県議に通算4期在任し、その間、副議長、議長、参事会員を務めた[1][2][3]。その他、酒生村長(2期)も務めた[2][3]。1916年(大正5年)立憲政友会に入党して同福井県支部の幹部となり、1920年(大正9年)以降、山本条太郎の支援に尽力した[1]。1932年(昭和7年)政友会福井県支部長に就任し1936年(昭和11年)まで在任した[1]。1936年(昭和11年)2月の第19回衆議院議員総選挙で福井県全県区から出馬したが落選[1]。1937年(昭和12年)4月の第20回総選挙で当選し[1][5]翼賛議員同盟に所属して衆議院議員に1期在任した[2][3][5]。戦後、1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙福井県地方区から無所属で出馬して当選し[1][2][3][8]、参議院議員に1期在任した[2][3][5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』244頁では大正3年。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『福井県大百科事典』45頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』53頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』244-245頁。
  4. ^ 衆議院『第七十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1937年、22頁。
  5. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』39頁。
  6. ^ a b c d 『人事興信録 第14版 上』イ114-115頁。
  7. ^ a b 『内外福井県人士録 第1巻』25-26頁。
  8. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』459頁。

参考文献[編集]

  • 『内外福井県人士録 第1巻』福井黎明雑誌社、1922年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。