真山隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真山 隼人
出生名 真山 隼人
別名 内田 隼人(本名)
生誕 (1995-03-10) 1995年3月10日(24歳)
出身地 日本の旗 日本三重県鈴鹿市
ジャンル 浪曲歌謡浪曲
職業 浪曲師
活動期間 2010年 -
事務所 浪曲親友協会日本浪曲協会

真山 隼人(まやま はやと 、1995年3月10日 - )は、三重県鈴鹿市出身の浪曲師。本名は内田隼人。浪曲親友協会[1]日本浪曲協会所属。

経歴[編集]

  • 小学生の時よりラジオで浪曲を見聞きするようになる。
年譜
  • 2010年5月 二代目真山一郎(当時・真山広若)に入門
  • 2011年4月 公益社浪曲親友協会に入会
  • 2011年10月 一心寺門前浪曲寄席にてデビュー
  • 2012年5月 国立文楽劇場「浪曲錬声会」初出演
  • 2012年11月 地元鈴鹿市にてリサイタルを開催
  • 2012年12月 国立文楽劇場「師走浪曲名人会」初出演
  • 2013年4月 三重県文化賞新人賞受賞
  • 2014年8月 鈴鹿シティーセールス特命大使(鈴鹿と・き・め・きドリーム大使[2])に就任。
  • 2014年11月 NHK東西浪曲大会に初出演 10代での出演は初
  • 2015年10月 二代真山一郎門下から真山誠太郎門下へ移籍
  • 2016年2月 真山一門で31年ぶりとなる三味線浪曲を復活させる。
  • 2016年7月 浅草木馬亭定席に関西より出演。
  • 2017年10月 浪曲フルマラソンと題し、1日7席公演を行う。(大阪市東成区 百年長屋)
  • 2018年12月 文化庁芸術祭新人賞受賞[3]

受賞歴[編集]

  • 2013年 第12回三重県文化賞新人賞受賞
  • 2018年 第73回文化庁芸術祭新人賞受賞

主な演目(浪曲)[編集]

  • 俵星玄蕃(室町京之介・作)
  • 日本の妻(新野新・作)
  • 嗚呼吉田松陰(山下辰三・作)
  • ああ大塩平八郎(山下辰三・作)
  • 山本五十六(飯山栄浄・作)
  • 武蔵坊弁慶(山下辰三・作)
  • 嵐の中の日本(飯山栄浄・作)
  • 維新の歌(室町京之介・作)
  • 落城の舞(飯山栄浄・作)
  • 浅茅が宿(上田秋成・原作、真木肇・脚色)
  • 涙の関西鉄道(司太可志・脚色)
  • 刃傷松の廊下(飯山栄浄・作)
  • 元禄秋晴れ街道(飯山栄浄・脚色)
  • 番場の忠太郎(長谷川伸・原作、飯山栄浄・脚色)
  • 亀甲組~男の嵐(房前智光・脚色)
  • 亀甲組~田村の義侠(芝清之・脚色)
  • 亀甲組~お里の危難(房前智光・脚色)
  • 亀甲組~親子の対面(房前智光・脚色)
  • 冥土の早駕籠(室町京之介・作)
  • 沖田総司哀史(室町京之介・作)
  • かんざし
  • 石田三成
  • 鳥羽の恋塚
  • 村上喜剣
  • 円山応挙
  • 北方の故郷(司太可志・作)
  • 友情の翼(芦川淳平・作)
  • 大高源吾笹賣の條
  • 荒神山こぼれ噺(真木肇・作)
  • 切支丹秘話 片割れ月(真木肇・作)
  • 水戸黄門大阪の巻
  • ああ赤穂開城(山下辰三・作)
  • 紀文の船出
  • 紀文のみかん船
  • 紀文の戻り船
  • 南部坂
  • 藤十郎の恋
  • 血煙高田馬場(室町京之介・作)
  • 水戸黄門奥州の巻
  • 恋と武士道~岡野金右衛門(芦川淳平・作)
  • 越の海出世談
  • 元禄美少年~右衛門七とその妹(飯山栄浄・作)
  • 淡島神社秘話~与之助鏡
  • 天下の糸平
  • 善悪双葉の松
  • 名刀稲荷丸(高山俊春・作)
  • 落語浪曲 まんじゅう怖い
  • 柳田格之進
  • 英国密航(小島美士五郎・作)
  • 観音丹次~丹次の生い立ち
  • 観音丹次~丹次売り出す
  • 観音丹次~丹次と荒波
  • 観音丹次~無実の罪(上)
  • 観音丹次~無実の罪(下)
  • 観音丹次~丹次と小天狗
  • 観音丹次~丹次と花嫁
  • 観音丹次~丹次と大善
  • 観音丹次~丹次とおりん
  • 観音丹次~丹次の仇討ち

新作浪曲[編集]

  • ビデオ屋の暖簾(自作)
  • つみとばつ(石山悦子・作)
  • ああ大黒屋光太夫(自作)
  • 沢村さくら物語(自作)
  • 落語風浪曲・二人蕎麦(自作)
  • 縁は異なもの(自作)
  • 激戦花畑高校相撲部(自作)

CDリリース[編集]

  • ああ大黒屋光太夫 (真山隼人・作)

主な出演履歴[編集]

  • 2011年10月8日~10日 一心寺門前浪曲寄席にてデビュー口演
  • 2012年11月25日 鈴鹿市文化会館けやきホールにて、第一回真山隼人鈴鹿公演を開催。
  • 2012年12月1日 国立文楽劇場主催公演「師走浪曲名人会」にご案内で出演。
  • 2014年11月29日 NHK東西浪曲大会、若手紹介コーナーに出演。(NHK大阪ホール) 
  • 2015年2月13日 徳間ジャパンコミュニケーションズ創立50周年記念公演「浪曲新波U-50」に出演。(渋谷区伝承ホール)
  • 2015年2月28日 国立文楽劇場にて、浪曲名人会で座談会に出演。(大阪市中央区)
  • 2015年9月27日 真山隼人お江戸に参上!開催。(浅草木馬亭
  • 2016年10月29日 NHK浪曲十八番公開収録に出演。(NHK大阪放送局)
  • 2017年5月20日 浪曲師真山隼人大黒屋光太夫を唸るを開催。(鈴鹿市文化会館けやきホール)
  • 2017年5月7日~8日 天満天神繁昌亭「はなしか宝塚ファン倶楽部~風と共に去りぬ」へ初出演。(天満天神繁昌亭
  • 2017年6月15日 あべのハルカススペス9で「浪曲いろは文庫」を開催。2ヶ月に1回定期的に開催。(あべのハルカス
  • 2017年8月8日~13日 天満天神繁昌亭昼席へ浪曲で初出演。(天満天神繁昌亭
  • 2017年9月15日 天満天神繁昌亭開場11周年記念特別公演へ「花詩家タカラヅカ」で出演。(天満天神繁昌亭

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]