柳家紫文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳家やなぎや 紫文しもん
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}柳家(やなぎや) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}紫文(しもん)
定紋「備前蝶菱」
本名 田島たじま さとし
生年月日 1957年12月24日
没年月日 (2021-11-19) 2021年11月19日(63歳没)
出身地 日本の旗 日本群馬県高崎市[1]
師匠 十一代目岸澤式佐
二代目柳家紫朝
名跡 1. 岸澤きしざわ式祐しきすけ
(1988年 - 1995年)
2. 柳家紫文
(1995年 - 2021年)
出囃子 釣女
活動期間 1988年 - 2021年
活動内容 三味線漫談、音曲
所属 落語協会
公式サイト 柳家紫文のKONOITO
受賞歴
国立演芸場花形演芸大賞銀賞(2006年)

柳家 紫文(やなぎや しもん、1957年12月24日 - 2021年11月19日)は、落語協会に所属していた三味線漫談家音曲師出囃子は『釣女』、は『備前蝶菱』。本名:田島 悟

経歴[編集]

幼少時から病弱でなかなか学校に通えず、また実家が小料理屋だったため、芸事に親しんで育った。群馬県立高崎高等学校卒業後、20代半ばで上京。フリーターをしながら赤塚不二夫柳家小袁治の世話になる。

1988年十一代目岸澤式佐門下・岸澤式祐(きしざわ しきすけ)の名で歌舞伎常磐津節三味線方を務める。

1995年二代目柳家紫朝に入門、引き続き歌舞伎等の舞台をこなす傍ら、柳家紫文を名乗り色物として高座に上がり始める。

2021年11月19日9時6分、ネフローゼ症候群のため死去した[2][3]。63歳没。

人物[編集]

三味線を奏でながら、「火付盗賊改方長谷川平蔵が、何時ものように両国橋の袂を歩いておりますと…」と、ニヒルな風情で語る『鬼平市中見廻り日記(鬼平半可通)』が十八番。オチは基本的に駄洒落(地口)[4]新内(鶴賀寿美之助)、長唄(杵屋正楽)、小唄の他、華道日本舞踊等の名取でもあり、「7つの名を持つ男」を自称する。

女弟子達とバンド『柳家紫文と東京ガールズ』を組み邦楽の普及を図ったり、独演会を Ustream でインターネット生中継するなど、先進的な取り組みで新しい演芸ファン層を開拓していた。定席では落語協会のほか、五代目円楽一門会の両国寄席にもレギュラー出演していた。

芸歴[編集]

受賞歴[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

など

ラジオ[編集]

など

映画[編集]

主著[編集]

  • 『都々逸読本』 海竜社
  • 『都々逸人生教室』 海竜社

一門弟子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.562
  2. ^ 柳家紫文 訃報”. 落語協会 (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  3. ^ 落語家の柳家紫文さん死去 63歳”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  4. ^ 「今日だけは特別ですよ…」と言いながら、「大岡越前」のネタをやるのも恒例であった(構成は「鬼平」と同じ)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]