雷門喜助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雷門 喜助かみなりもん きすけ
本名 水野 幹雄(みずの みきお)
生年月日 (1945-01-15) 1945年1月15日(73歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
師匠 初代雷門福助
8代目雷門助六
名跡 1. 雷門福二(1963年 - 1966年)
2. 雷門喜助(1966年 - )
出囃子 大拍子
活動期間 1963年 -
所属 落語芸術協会(所属期間不明)
フリー

雷門 喜助(かみなりもん きすけ、1945年昭和20年〉1月15日 - )は、愛知県名古屋市出身の落語家。本名、水野 幹雄(みずの みきお)。出囃子は「大拍子」。

来歴・人物[編集]

名古屋生まれということもあって、1963年、まずは名古屋にいた初代雷門福助に入門したが、しばらく後に8代目雷門助六門下に移り、この時より喜助を名乗る。

前座時代からラジオ番組でレギュラーを務めるなど売れっ子となったが、その反面で落語の稽古の時間が取れなくなり、未熟なままの芸に悩むようになる。本人曰く「売れるのも速かったが、落ちるのも速かった」。数年後には、所属していた落語芸術協会を飛び出してしまったため、東京での定席に上がることもできなくなり、廃業同然となってしまう。

わずかな荷物を持って東京駅へ行き、たまたま岡山行きの新幹線に乗ったことがきっかけで、以来、岡山県在住となる[1]。やがて岡山でも落語家・タレントとして活動を始めるようになり、その活躍ぶりが師匠の8代目助六の知るところとなって、1988年に師匠が真打と認定するという異例の形となった。

現在も岡山県を拠点とし、全国各地で落語会、講演会を行っている。

経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 雷門小福 - 初代雷門福助門下での兄弟子。喜助と同じ名古屋生まれで、落語界入門以来ずっと名古屋を拠点としていた。2012年死去。
  • 赤磐市 - 公営寄席「お笑い赤坂亭」で毎月定例寄席を開いている。