天羽優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天羽 優子(あもう ゆうこ)は、日本物理学者山形大学理学部物質生命化学科准教授ラマン散乱の研究者。Japan Skeptics会員。疑似科学・疑似科学ビジネス批判でも知られる[1]と学会会員。「ニセ科学フォーラム」実行委員。暗黒通信団訴訟担当。

略歴[編集]

疑似科学についての活動[編集]

疑似科学に関連してサイト「水商売ウォッチング」などで、水に「科学的な根拠のない加工を行った」商品を販売している業者等を批判している[2]BuzzFeedの石戸諭 は「水にまつわるニセ科学研究の第一人者、山形大学の天羽優子准教授が運営する『水商売ウォッチング』は必見のサイトだ」と評している[1]

天羽優子は、2008年1月に「水は変わる」の紙媒体とウェブ版でなされた自身への名誉毀損を理由に、「水は変わる」を主催する吉岡英介を提訴し、第一審の判決は被告(吉岡氏)の敗訴で、吉岡の言論の多くは適法とし軽微な名誉棄損を認定し、被告は控訴しなかった。判決は、天羽によるサイトの記載が「企業の販売活動が事実上妨害されていたということについては真実であると推認することができる」ということも認めた。[3][4] 商売のためにニセ科学を広めるなという動機が天羽にあったと裁判所は認定したが、吉岡によれば裁判所によって引用された部分は、提出資料にのみ確認できる記載であり、ねつ造資料であった[3]

これは一連の裁判であり、最初に磁気処理水について水は変わるとする吉岡と、変わらないとする天羽の相対する意見があった。お茶の水大学のサイト内に天羽による中傷表現があったことから、最初に2007年に吉岡がお茶の水大学を訴訟するが、これがもつれて天羽が、吉岡やお茶の水女子大学、山形大学を訴訟したことの一部の判決である。[3]

有用微生物群(EM)は議論となることがある。天羽優子は「環境教育の教材としてのEMはニセ科学であり、教育で使うには不適切であることは明らかである」「大人がEMを使うことを自らの判断で行うのであればそれは自由だが、教材を自分で選ぶことができない児童や生徒に使用させるのは大変良くないこと」として、2015年の夏頃から、Change.orgという署名募集サイトで「小中学校におけるEMの利用を止めてほしい」という署名活動を行った。天羽は、この署名活動によって、「EMによる環境浄化は、面倒な文献調査をしなくても、文部科学省の通知で注意喚起されている教材にあてはまるという判断がしやすくなったと考える」と述べている[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]