瀧川鯉朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀧川 鯉朝(たきがわ りちょう)は落語の名跡。滝川鯉朝とも表記。古くは三遊亭鯉朝として名乗っていた。


瀧川たきがわ 鯉朝りちょう
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}瀧川(たきがわ) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}鯉朝(りちょう)
春風亭昇輔定紋「五瓜に唐花
本名 千頭 弘典
別名 昆虫くん
生年月日 (1968-01-30) 1968年1月30日(52歳)
出身地 日本の旗 日本高知県高知市
師匠 5代目春風亭柳昇
瀧川鯉昇
弟子 春風亭昇輔
瀧川はち水鯉
名跡 1.春風亭柳吾
(1992年 - 1996年)
2.春風亭昇輔
(1996年 - 2006年)
3.瀧川鯉朝
(2006年 - )
出囃子 私のラバさん
活動期間 1992年 -
活動内容 江戸落語
所属 落語芸術協会

瀧川 鯉朝(たきがわ りちょう、1968年1月30日 - )は、高知県高知市出身の落語家東京デザイナー学院出身。血液型はB型。

愛称は「昆虫くん」(小柄な体格と不審な挙動から、兄弟子である春風亭昇太によって命名)。

概要[編集]

真っ当な古典落語とともに、ブラックでマニアックな新作落語も得意とする。

橘左近寄席文字を指導され、余芸とは思えぬ腕前を持っている。

テレビドラマタイガー&ドラゴン』では出囃子の制作、演奏に参加。劇中の落語の指導助手を務めた。

同郷の漫画家横山隆一に直接描いてもらったキャラクター「フクちゃん」を手拭の柄にしている。また漫画家川島よしおとも親交があり、落語会のチラシなどを描いてもらっている。また、と学会との親交も深く、真打披露興行の際には、と学会から贈られた紋章入りの幔幕を背景に高座を務め、これをきっかけに同会に入会している。

同じく同郷の漫画家西原理恵子のファンであり、トークショーの司会を務めた縁で、真打昇進時に作成した手拭の柄を描いてもらっている。

上方落語家とも親交が深く、彦八まつり上方落語協会主催)に、毎年東京の落語家団体(落語芸術協会)所属の落語家として参加している唯一の落語家であり[1]、芸協らくごまつりにも反映させている。

略歴[編集]

人物[編集]

高知県出身の初の真打。

真打昇進と同時に名前が変わることを母親に電話報告したところ、『お前の取柄は春風亭という名前(亭号)“だけ”だったのに、なぜそれを棄てるのか』と嘆かれた(本人談)。

2006年3月26日放送の「笑点」(日本テレビ)で、落語協会5名、落語芸術協会3名の合同で真打昇進披露口上が放送され、鯉朝を含む落語芸術協会の3人はなぜかその場で組体操を披露した(鯉朝以外の昇進者は、落語協会から柳家獅堂林家久蔵柳家三三6代目柳亭左龍3代目柳家甚語楼[2]。落語芸術協会から春風亭柳之助春風亭昇乃進)。

得意演目[編集]

古典[編集]

新作落語[編集]

  • お父さんの秘密基地
  • 夜のてんやもの(店屋物)
  • 世直し天誅隊
  • ミス南千住
  • 街角のあの娘

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

インターネット出演[編集]

DVD[編集]

  • ワザオギ落語会 vol.10(2014年、ワザオギ) 「街角のあの娘」収録

CD[編集]

  • 王様落語会シリーズ 瀧川鯉朝(2012年、キング)「あいつのいない朝」「竹の水仙」収録

書籍[編集]

弟子[編集]

二ツ目
前座

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 彦八まつり公式Twitter2019年8月25日のツイートより。
  2. ^ この時、落語協会の新真打は、ひとりひとりを白浪五人男に例えての連ねを口上で述べた。