植木不等式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植木 不等式(うえき ふとうしき、1958年(昭和33年) - )は、日本のお笑いサイエンスライター。本名は非公開。

来歴[編集]

東京都出身。東京大学卒。元早稲田大学客員研究員。名前は植木等のもじりである。駄洒落による導入、博識に基づく素材の選択、意表をつく考察などのスタイルに特徴がある。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『悲しきネクタイ 企業環境における会社員の生態学的および動物行動学的研究』地人書館、1996年10月。ISBN 4-8052-0518-0
    • 『悲しきネクタイ 企業環境における会社員の生態学的および動物行動学的研究』日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年8月。ISBN 4-532-19078-9
  • 『こころが疲れたら読む世紀末おとぎ話 トンデモ童話20選』大和書房、1997年10月。ISBN 4-479-39056-1
  • 『さあ、場ちがいになりなさい』開田無法地帯、2006年。
  • スピリチュアルワールド見聞記楽工社、2008年6月3日。ISBN 978-4-903063-22-5
  • ぼくらの哀しき超兵器 ―― 軍事と科学の夢のあと ――岩波書店〈岩波現代全書〉、2015年8月。ISBN 978-4-00-029171-2

その他、と学会の(元)メンバーとして、関連書籍(と学会の項参照)や鯨者連の(元)メンバーとして、『鯨イルカ雑学ノート』ダイヤモンド社への著述がある。

翻訳[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]