田崎晴明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「 田崎晴明」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
田崎 晴明
生誕 1959年
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 学習院大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
鈴木増雄
主な業績 ハバード・モデルにおける強磁性
主な受賞歴 久保亮五記念賞(1997年)
プロジェクト:人物伝

田崎 晴明(たざき はるあき、1959年8月28日 - )は、日本物理学者学習院大学理学部教授。専門は理論物理学数理物理学統計物理学。「ニセ科学フォーラム」実行委員。東京大学理学博士(1986年)。

名前の「晴」は正確には旧字体である(「青」の下の部分が「月」ではなく「円」)。父は筑波大学名誉教授田崎明、祖父は神経跳躍伝導の発見者である田崎一二

人物[編集]

東京都生まれ。1982年に東京大学理学部物理学科を卒業[1]。1986年に東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了後、プリンストン大学講師を務め、1999年より学習院大学理学部教授。

『量子多体系の数理物理学的研究、特にハルデン・ギャップ問題、ハバード・モデルにおける強磁性の解明』で久保亮五記念賞を受賞。多体問題の研究に加えて、1997年より熱力学の研究も開始[2]。リーブ-イングヴァソンの論文(断熱的到達可能性の項も参照)に影響を受けたこの研究は、2000年に出版された『熱力学』に結実した。

自らのウェブページ上から情報発信している。専門分野以外では、『知の欺瞞』の主要訳者を務めてソーカル事件に関連した社会批評を展開[3]し、またパキスタンの物理学者兼政治評論家ペルヴェース・フッドボーイの論説を紹介し、菊池誠天羽優子黒木玄らと共に疑似科学を批判する[4]など、科学と社会に関する発言も多い。福島第一原子力発電所事故に関連して、放射線被曝の基礎知識を解説している。その他にモーニング娘。の批評などもある。

2ちゃんねるの本人のスレッドに書き込んだことがある[5]

ノーベル財団による2016年のノーベル物理学賞の専門家向け解説では、本文で田崎らの貢献に言及し、参考文献として田崎の共著論文三編[6][7][8]を引用している[9]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

第1回久保亮五記念賞1997年)『量子多体系の数理物理学的研究、特にハルデン・ギャップ問題、ハバード・モデルにおける強磁性の解明』

文献[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • スウィンバンクス・デイビッド、田崎真理子・田崎晴明訳『アジア諸国における研究評価』パリティ 13(5), 67-71, 1998
  • アラン・ソーカル・ジャン・ブリクモン、田崎晴明・大野克嗣・堀茂樹訳『「知」の欺瞞 - ポストモダン思想における科学の濫用』岩波書店、2000年。ISBN 4000056786
  • エリオット・リーブ・ヤコブ・イングヴァソン、田崎晴明訳『統計力学も熱機関もなしで理解できる - エントロピー再考』パリティ 16(8), 4-12, 2001
  • パルヴェーズ・フッドボーイ、廣田和馬・田崎晴明訳『理性で根源に立ち向かえ』(2001年9月27日朝日新聞朝刊(全国版)に掲載。坂本龍一『非戦』幻冬舎。ISBN 4344001443に再録。)
  • マーレイ・T・バチェラー、田崎晴明訳『数多くの分野での、その驚きの道のり - ベーテ仮設の75年』パリティ 22(9), 4-11, 2007
  • アラン・ソーカル・ジャン・ブリクモン、田崎晴明・大野克嗣・堀茂樹訳『「知」の欺瞞 - ポストモダン思想における科学の濫用』岩波書店(岩波現代文庫)、2012年。ISBN 4006002610

論文[編集]

解説記事[編集]

  • 田崎晴明『パーコレーションのフラクタル幾何学』数理科学 25, 18-26, 1987
  • 田崎晴明『Percolationと臨界現象の物理』数学 40, 254-257, 1988. doi:10.11429/sugaku1947.40.254
  • 田崎晴明『ランダム磁場イジング模型』物性研究 55, 472-487, 1991. NAID 110006476970
  • 田崎晴明『量子スピン系におけるハルデン・ギャップ(理論)』 固体物理 27, 1-8, 1992
  • 田崎晴明『量子スピン系の理論』物性研究 58, 121-178, 1992. NAID 110006478101
  • 田崎晴明『ギブスの変分原理と統計物理』数学セミナー 34, 37-41, 1995
  • 田崎晴明『ハバード模型の物理と数理』固体物理 31, 173-188, 1996
  • 田崎晴明『スピンはそろう - 強磁性の起源をめぐる理論』日本物理学会誌 51, 741-747, 1996. doi:10.11316/butsuri1946.51.741
  • 大野克嗣・田崎晴明・東島清『くりこみ理論の地平』数理科学 35, 5-12, 1997
  • 田崎晴明『くりこみ群と普遍性』数理科学 35, 21-29, 1997
  • 田崎晴明『統計物理学の基礎をめぐって』数理科学 37, 53-60, 1999
  • 田崎晴明『統計力学におけるゼロ - ゼロ点をとおしてみる相転移現象』数理科学 43, 43-48, 2005
  • 田崎晴明『熱力学の「空間」と統計力学の「空間」 - ミクロとマクロを結ぶ鍵』数理科学 44, 18-23, 2006
  • 田崎晴明『非平衡定常系の熱力学と統計力学にむけて』日本物理学会誌 63, 797-804, 2008. NAID 110006951136
  • 田崎晴明『平衡と非平衡の熱力学・統計力学 - ミクロとマクロを結ぶ論理』数理科学 46, 12-17, 2008
  • 田崎晴明『三角格子上の臨界パーコレーションの共形不変性 - カーディーとスミルノフ』数理科学 46, 13-19, 2008
  • 田崎晴明『統計力学と確率論 - 調和振動子(自由場の理論)からランダムウォークへ』 数理科学 48, 7-12, 2010
  • 田崎晴明『「ゆらぐ界面」をめぐる実験と理論』日本物理学会誌 65, 760, 2010. NAID 110007818483
  • 田崎晴明『「悪魔」との取り引き - エントロピーをめぐって』日本物理学会誌 66, 172-173, 2011. NAID 110008593008
  • 田中彰則・田崎晴明『ハバード模型における金属強磁性』日本物理学会誌 66, 434-438, 2011. NAID 110008661954
  • 田崎晴明『アインシュタインと非平衡統計力学 - 1905年のブラウン運動の論文をめぐって』 数理科学 50, 27-32, 2012
  • 田崎晴明『自由エネルギーと熱力学第二法則 - マクロな世界でのエネルギー』 数理科学 51, 21-26, 2013

書評[編集]

その他[編集]

  • 高安秀樹編『フラクタル科学』朝倉書店、1987年。ISBN 4254100639
  • 田崎晴明『マセマティカルフィジックス・ワンダーランド』数学セミナー 34, 39, 1995
  • 田崎晴明『夏の学校の思いで』(第46回物性若手夏の学校)2001
  • 田崎晴明他『座談会:21世紀の物理学に未来はあるか』パリティ 16(5), 46-56, 2001
  • 田崎晴明他『座談会「物理学の明日」』日本物理学会誌 56, 648-659, 2001. NAID 110008006927
  • 田崎晴明『科学と「ニセ科学」をめぐる風景』物理教育 54, 215-219, 2006. NAID 110007491321
  • 田崎晴明・田崎真理子『リカ先生の10分サイエンス 1-50』理科の探検(RikaTan) 1-6, 2007-2012(連載)
  • 田崎晴明『科学の心、科学的思考、そして科学者の姿勢とは』論座 141, 192-198, 2007
  • 小島寛之・田崎晴明・加藤岳生『討議 自然からの出題にいかに答えるか - 数学的思考と物理学的思考』現代思想 38, 116-141, 2010
  • 天羽優子・菊池誠・田崎晴明『「水からの伝言」をめぐって』日本物理学会誌 66, 342-346, 2011. NAID 110008661938
  • 高橋秀俊・藤村靖『高橋秀俊の物理学講義 - 物理学汎論』「解説」筑摩書房(ちくま学芸文庫)、2011年。ISBN 4480093958
  • 田崎晴明『特別インタビュー やっかいな放射線の基礎知識を学ぼう』第三文明 637, 42-44, 2013

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 山形浩生:山形は田崎の『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』を朝日新聞にて書評した
  • 別唐晶司:田崎は高校時代のクラスメートであると言明している

外部リンク[編集]