伊藤恵 (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いとう めぐみ
伊藤 恵
プロフィール
生年月日 1981年5月12日
現年齢 36歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
活動
ジャンル グラビアモデル
モデル内容 一般
他の活動 タレント
その他の記録
初代ゲーマーズエンジェル
モデル: テンプレート - カテゴリ

伊藤 恵(いとう めぐみ、1981年5月12日 - )は、日本モデル、週刊ファミ通の初代ゲーマーズエンジェル。

略歴[編集]

神奈川県横浜市出身。高校卒業後、絵の専門学校に3年間通い、内向的な青春時代を過ごす[1]。内向的な人間は劇団に入りがちということで小劇団に参加[1]。並行して8人組アイドルユニット「東京音姫」に「メグ」として参加。2003年の解散まで最年少メンバーとして活動。またアクセサリーショップに勤務していた[2]

2008年、週刊ファミ通1000号記念で募集された「第1回ゲーマーズエンジェル・コンテスト」に応募し、グランプリ受賞。応募規定が29歳までだったため「26歳でも大丈夫だ」と締切ギリギリに応募した。以降、週刊ファミ通誌面で企画ページのモデル、USTREAM番組「ミッドナイトライブ360」のアシスタント。東京ゲームショウでのコンパニオンなどを勤め幅広く活躍[2]。2011年に鈴木咲が2代目となるが、以降もたびたび紙面に登場している。

2015年に結婚、人妻となる。1年後の2016年8月に結婚式を挙げた[3]。やりたかった式は「ドアが開いて登場したら新郎側だけ流血」。

人物[編集]

兄がおり、幼少のころからゲームに囲まれ過ごす。初ゲームはファミコンの『スペランカー』。初めてハマったのは『ファイナルファンタジーVI[4]。人生で初めてクリアしたゲームでもある。

絵の専門学校に通ったのは絵本が書きたかったから。結婚式のウェルカムボードも自ら描いた。「バーントシェンナで下地塗ってる時が一番幸せ」と綴っている。

役者時代のあだ名は「ギルティ[5]

ゲームはテレビゲームだけでなく、ボードゲームも好み、好きな小説に『独白するユニバーサル横メルカトル』(平山夢明)、好きな音楽に『僕の歌を総て君にやる』(筋肉少女帯)を挙げる。

出演[編集]

イメージガール[編集]

  • 「週刊ファミ通」(2008年 – 、エンターブレイン
  • 「公式16連射ブック高橋名人のゲームは1日1時間」(2009年8月、エンターブレイン刊) – 企画ページ登場
  • 「破顔のワロス 完全版」高橋京希(電子書籍) – 表紙モデル

連載[編集]

  • 「ゲームのめぐみ」(2010年 – 2011年、ファミ通WEB)

ウェブテレビ[編集]

  • 「ファミ通LIVE」(2008年 – 2014年、eb!TV LIVE、ニコニコ生放送) – 2011年以降は不定期出演。最終回にも出演。当時の歴代ゲーマーズエンジェルが勢揃いした[6]
  • 「MIDNIGHT LIVE 360」(2010年、eb!TV LIVE) – レギュラー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 京希の沙汰 第21回 ゲスト:伊藤恵(ファミ通ゲーマーズエンジェル)”. キョウキの沙汰とは思えないblog (2011年5月1日). 2017年1月26日閲覧。
  2. ^ a b イザベラ永野 (2011年9月23日). “ゲスト4人目 : 負けず嫌い女/伊藤 恵【前編】”. ファミ通.COM. 2017年1月26日閲覧。
  3. ^ 伊藤恵‏@meggmog”. twitter (2016年8月29日). 2017年1月26日閲覧。
  4. ^ イザベラ永野 (2011年9月30日). “ゲスト4人目 : 負けず嫌い女/伊藤 恵【後編】”. ファミ通.COM. 2017年1月26日閲覧。
  5. ^ 伊藤恵‏@meggmog”. twitter (2016年9月29日). 2017年1月26日閲覧。
  6. ^ 伊藤恵‏@meggmog”. twitter (2014年3月27日). 2017年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]