架空の日付

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

架空の日付(かくうのひづけ)では、現実のには存在しない日付とその日に発生した出来事を記述する。単に未来の日付であるものは除く。

架空の日付が登場する例として、以下のようなものがある。

  • フィクション作品内で、実際には存在しない日付が登場することがある。
  • 改暦などにより(具体例は、以下の9月や12月を参照)、普通は連続しているはずの日付が大幅に飛ぶことがある。
  • また、元号制度[1]を使用していて、かつ、元号を使用することが義務付けられている場合、例えば日本においては運転免許証の有効期限などのように未来の(元号が確定されていない)日付であるにもかかわらず現在の元号が適用され、結果として「架空の日付」が発生し得る。


1月[編集]

1月0日[編集]

2月[編集]

2月29日(平年)[編集]

  • Microsoft Excelでは日付データを1900年1月1日から起算したシリアル値(連続値)で持っているが、1900年は平年であるにもかかわらず、Excelは1900年2月29日を存在するものとして計算してしまうため、1900年3月1日以前の日を計算に使うと問題が起こる場合がある。詳しくはMicrosoft Excel#1900年うるう日問題を参照のこと。
  • 2010年に、二進化十進表現にまつわるものと思われるバグで、存在しない2010年2月29日を存在するものとしたトラブルが数件発生した。二進化十進表現による2010年の表現(おそらく、内部的には0x10)を、2016年に相当するように扱うようなバグがあったのだろうと想像されている(2010年問題#年数処理のバグ)。
  • 賞味期限等に関して、安直に「1年後の同月同日」といったものを指定することがある。うるう日以外の日(一般に確率を考えれば99.9%以上)であれば問題ないが、うるう日には(さらに稀な確率として「うるう日のちょうど4年後」という指定でも、場合によっては)、それが存在しない年の「2月29日」を指定することがありうる。

2月30日[編集]

実在する日付については2月30日2月30日 (旧暦)を参照のこと。

  • 歴史シミュレーションゲーム作品においては、グレゴリオ暦換算の日付を表示しながら、プログラムの簡素化を目的として各1ヶ月を30日間としてシミュレートしているため、本来31日が存在するはずの月に31日がなく、2月が30日まで存在することがある。一部作品では外見上2月を28日間に収める為、2月の1日や28日を2日続けて表示する(それでもプログラム内部的には2月は30日間であることにかわりは無い)ようになっているものもあるが、そのような装飾を捨てて、グレゴリオ暦にもかかわらず毎年2月30日がめぐってくる作品もある。
  • 書籍に表記される発行日が、ときに2月30日となる事がある。書籍の発行日は形式上の日付に過ぎない場合が多いので、このようなミスが起こりやすい。
  • 漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の主人公である鬼太郎のアニメ第1作での誕生日(第24話「白山坊」より)。
  • ゲーム『ToHeart2』の登場人物であるルーシー・マリア・ミソラの誕生日。

2月31日[編集]

3月[編集]

3月32日・33日[編集]

  • 2ちゃんねるにおける2006年エイプリルフールネタで、4月1日にされた書き込みの日付欄が3月32日と表示された。一部の板では日付が変わってからも午前4時まで、4月2日が3月33日と表示された。
  • はてなブログにおける2013年のエイプリルフールネタで、4月1日にされた投稿の日付欄が3月32日と表示された。この表示は2013年4月1日の期間のみでその後は4月1日に戻された。
  • サザエさん』でも、3月32日のカレンダーがあり、それはカツオによるいたずらである。

4月[編集]

4月31日[編集]

  • 植田まさし漫画キップくん』に、1月31日で有効期限のきれる定期乗車券の月である1月の「1」を「4」に書き換えて改札を通ろうとした人の話がある。キップ君本人に「もしもし、4月30日までですよ」と呼び止められた。また、太鼓の達人の「黄ダルマ2000」という楽曲の中のデスカントリーの発売日でもある。 

5月[編集]

5月0日[編集]

5月35日[編集]

6月[編集]

6月31日[編集]

8月[編集]

8月32日[編集]

関東以南の多くの小学校中学校高等学校は、8月いっぱいが夏休みとなり、9月1日から始業するため[3]、夏休み最終日である8月31日の翌日にも、夏休みを継続させる意味を込めてフィクションで用いられることがある。なお、9月1日が土曜日または日曜日だと、フィクションにおける「8月32日」が実質的に訪れることになる[4]

8月93日[編集]

  • 漫画『ポチのへなちょこ大作戦』にて、この日を『やくざ(893)の日』と定める話がある。作中では各方面で祝福イベントが行われ、アイドルが「一日組長」を担う光景がメディアで報じられる。

9月[編集]

9月0日[編集]

9月3日 - 13日(1752年)[編集]

イギリスおよび北米植民地では、ユリウス暦からグレゴリオ暦への改暦のため、1752年9月3日から9月13日までは存在しない。つまり、1752年9月2日の翌日は9月14日である。UNIXcalコマンド(のデフォルト)はこれに準じている。

9月31日[編集]

10月[編集]

10月5日 - 14日(1582年)[編集]

いくつかのカトリック諸国(スペインポルトガルポーランド・リトアニア共和国イタリア諸邦の多く)では、ユリウス暦からグレゴリオ暦への改暦により、ユリウス暦1582年10月4日の翌日がグレゴリオ暦の同年10月15日であるため、1582年は10月5日 - 14日が存在しない。Javaのデフォルトなどがこれに準じている。

11月[編集]

11月31日[編集]

  • 1998年12月1日、当時大阪近鉄バファローズに所属していた前川克彦が契約更改を無断欠席し、「今日は11月31日だと思っていた」と釈明した。前川はペナルティーとして運転免許証を1年間球団預かりにされた。
  • 2010年11月、阪神タイガース2011年版壁掛けカレンダーに11月31日が誤って記載されていることが発売開始後に判明した。購入者へは31日の上に貼るシールを配布したり、刷り直した商品を再送する対応をすることとなった[5]

12月[編集]

12月3日 - 30日(明治5年)[編集]

日本では天保暦から太陽暦にもとづく暦への改暦により(詳細はグレゴリオ暦#日本におけるグレゴリオ暦導入を参照)、天保暦明治5年12月2日(グレゴリオ暦1872年12月31日)の翌日が、明治6年(1873年)1月1日となった。天保暦では明治5年12月は大の月であるため30日まであるのが、改暦により3日以降の日付が存在しなくなった。

12月32日[編集]

12月34日[編集]

13月[編集]

実在する1年を13か月とする暦法については、13の月の暦エチオピア暦を参照。

太陰太陽暦では閏月を加えて13箇月になる年がだいたい19年に7回ある。ユダヤ暦では12月の後に閏月があるので一種の13月のような存在であるが、そのようでない文化圏もあり、たとえば日本のいわゆる旧暦では、ある月(たとえば4月)の後に「閏」を付けて同じ月を置くもので(たとえば「閏4月」)「13月」が存在するわけではない。また、エチオピア暦における「13月」相当の「Pi Kogi Enavot」(英語表記)は、直接「13番目の月」を意味するわけではないし、ほかの12ヶ月と同様の「月」には相当しない(詳しくはエチオピア暦の記事を参照)。直訳するなら「少しの月」といった意となる。

13月全般[編集]

  • アニメ夢のクレヨン王国』の各話サブタイトルはほとんど「10月の旅IV」のように「放送月+ローマ数字」であったが、当初1年間の予定であった放映期間が5ヶ月間延長されたために13月から17月までの架空の月がサブタイトルに使用された。
  • ジョン・スラデックの短編小説の題名。原語ではUndecember。
  • 『13月の革命』 - FENCE OF DEFENSEの楽曲名。
  • JavaにはCalendar.UNDECIMBER定数がある。Undecimberは「11番目の月」つまり「13月」を意味する(2つずれることについてはDecember(10番目の月=12月)などを参考)。この定数は太陰太陽暦の「13番目の月」すなわち閏月による年の最後の月を表す(ヘブライ暦などの、最終月(12月)の後に閏月が挿入される暦法を想定している。日本の旧暦中国暦では、年の最後ではなく規則に従い任意の月の次に閏月が挿入されるというように考えるので、それらの暦法では(しばしば誤解も見られるが)「13月」という月が存在するわけではない)。
  • 日付と通日との間の換算や曜日の計算(ツェラーの公式)では、閏日の処理を簡単にするために、1月と2月を前年の13月と14月とみなして計算する小技が使われることが多い。
  • 受験生にとって1月にはセンター試験が行われ「13月」とも例えられる(受験生には正月がないといわれるため)。
  • 『13月の悲劇』 - 美内すずえによる日本の怪奇傑作集作品。

13月0日[編集]

13月1日[編集]

  • 友野詳のコメディ小説『ティルト・ワールド』では古代魔法帝国は1年が13ヶ月ある暦を使っていたということになっており、第3巻第2章のタイトルが「十三月一日では遅すぎる」となっている。なおこのタイトルはフレッド・ホイルのSF小説『10月1日では遅すぎる』のパロディ。

13月13日[編集]

14月以降[編集]

14月14日[編集]

  • 『ボボボーボ・ボーボボ』の登場人物、パッチボボの誕生日。

14月25日[編集]

  • かみなり歴53年、サンリオのキャラクター『ゴロ・ピカ・ドン』のゴロ、ピカ、ドンの誕生日。

15月36日[編集]

15月77日[編集]

16月48日[編集]

  • 星暦66766年、『銀河鉄道999』の登場人物、ハンマー・レドリルの誕生日。

16月344日[編集]

84月84日[編集]

88月88日[編集]

  • 8888年、『仮面ライダー電王』の登場アイテム、ライダーチケットに書かれた日付。劇中ではこれを使用したデンライナーは暴走した。
  • 7セグメントディスプレイのテストなどの目的で、リセット直後などに全てのセグメントを表示状態にすると、このように表示されることがある。

99月99日[編集]

  • 古いコンピュータシステムで、例外処理等を意味するためによく使われた内部表現。年を含むときは9999年99月99日の形となる。
  • 書式文字列として、「数字2桁で月と日を表す」ことを意味する。

各月[編集]

99日[編集]

  • コンピュータで任意の月の日付を管理する場合、月末日月の大小により28日31日と変化する)を99日と内部表現することがある。

注釈[編集]

  1. ^ 改元の節目は予定されたものとは限らず、また暦と同調させたものとも限らず、未来においていつ改元されるかはわからない。
  2. ^ 決裁「5月0日」は誤記じゃない、内閣法制局は安保法を審査していなかった! 官邸の使いっ走りと化した法制局の実態
  3. ^ 近年は週5日制脱ゆとり教育などの影響で8月31日以前に始業する学校も増えている。
  4. ^ また、同項とは趣旨が異なるものの同様の理由で、同時期を題材としたループものを作成するケースも存在する(※『涼宮ハルヒ』シリーズの「エンドレスエイト」編など)。
  5. ^ 阪神タイガース、来年のカレンダーに「11月31日」 日経新聞 2010年11月28日

関連項目[編集]