デカスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デカスリート
ジャンル スポーツ
対応機種 アーケードゲーム[AC]
セガサターン[SS]
PlayStation 2[PS2]
開発元 セガ
発売元 セガ
メディア [SS][PS2]:CD-ROM
発売日 [AC]:1996年
[SS]:1996年7月12日
[PS2]:2004年7月29日
システム基板 ST-V
テンプレートを表示

デカスリート』(DecAthlete)はセガ(後のセガ・インタラクティブ)によって製作されたアーケードゲーム。いわゆるスポーツゲームであるが、登場するキャラが濃いためにバカゲーに分類されることもある。

概要[編集]

1996年ST-V基板で製作された。陸上競技の十種競技をモチーフとしており、個性あふれた8人の競技者(それぞれ投擲が得意、長距離が苦手といったように得手不得手がある)が戦いを繰り広げる。100m走幅跳砲丸投走高跳400m110mハードル円盤投棒高跳やり投1500mが用意されており、それぞれ設定されたタイム、距離をクリアすることで次のステージに進めるという構成。

操作方法はコナミ(後のコナミデジタルエンタテインメント)のハイパーオリンピックのものを継承したものとなっており、連射速度とタイミングによって成績が決まる。アーケード筐体の多くがコスリによって傷つくといったお約束的な問題も生じた。なお、円盤投げの予備動作においてはレバーを回転させるといった新機軸も投入されている。

また、冬季版として『ウィンターヒート』という続編(?)も製作されている。

家庭用ゲーム機への移植[編集]

  • セガサターン版
    ST-Vと互換性のあるセガサターンに移植され、開催目前だったアトランタオリンピックの関心もあってかそこそこのヒットを収めた。ゲストキャラクターとして、十種競技を題材とした漫画である『デカスロン』の主人公である風見万吉を使うことができた。
    風見万吉の声は光吉猛修である。
    『デカスロン』劇中、風見万吉が持ってるゲーム機はセガサターンである。
  • PlayStation 2版
    セガエイジス2500シリーズとしてPlayStation 2にも移植されている。『デカスリート』だけではなく『ウィンターヒート』、『バーチャアスリート』の3作が収録された『デカスリート・コレクション』として発売された。ちなみにこちらはアテネオリンピックが開幕する直前に発売された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]