歌声喫茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌声喫茶(うたごえきっさ)は、客全員が歌う(合唱)ことを想定した喫茶店である。1955年前後の東京など日本の都市部で流行し、1970年代までに衰退した。うたごえ運動により普及したことから「うたごえ喫茶」と平仮名表記されることも多い。店舗は減ったものの、静かなブームが再来し[1][2]、主に高齢者向けのレクリエーションとして形を変えて定着している。

概要[編集]

内容の再現としての「うたごえ喫茶」。曲に合わせて演奏者と客が同じポーズをしている。(イベント内仮設・2010年東京)

リーダーの音頭のもと、店内の客が一緒に歌を歌うことを主目的としている。伴奏はピアノアコーディオンのほか、大きな店では生バンドも入っていた。歌われる歌はロシア民謡唱歌童謡労働歌反戦歌歌謡曲など。店が独自に編纂した歌集を見ながら歌うこともできる。

発祥については諸説あり、1950年(昭和25年)ごろ、東京・新宿の料理店が店内でロシア民謡を流していたところ、自然発生的に客が一緒に歌い出して盛り上がり、それが歌声喫茶のはしりになったという説、また当時公開されたソ連映画シベリア物語』に同様なシーンがあり、これに影響されたともいわれている[1]

1955年(昭和30年)、東京・新宿に「カチューシャ」(閉店)、「ともしび」(営業中)がオープン。これをきっかけとして東京に歌声喫茶が続々と誕生する。労働運動学生運動の高まりとともに人々の連帯感を生む歌声喫茶の人気は上昇し、店内は毎日のように人であふれ、最盛期には日本全国で100軒を超える店があったという。また店の看板的存在であるリーダーの中からは、さとう宗幸上条恒彦のようにプロの歌手としてデビューした者もいた。

歌声喫茶は、日本共産党を中心として展開された「うたごえ運動」という政治運動において大きな役割を果たしたが、それだけでなく、集団就職で単身東京に移住してきた青年たちの寂しさを紛らす心のよりどころでもあった[1]

1965年(昭和40年)頃をピークに、歌声喫茶のブームはうたごえ運動の退潮に連動して急速に衰退、その後の10年ほどでほとんどの店が閉店していった。

さらに、1970年代後半のカラオケスナック1980年代カラオケボックスの出現により、「人前で歌を歌える」需要の受け皿はそちらに移行した。歌声喫茶は一般の喫茶店やカラオケボックスとは異なり、客全員が合唱する形態のため、飲食物の注文が少なく客単価が低いという経営的な問題もあった。カラオケが一般化した現代では逆に「みんなで歌う」スタイルが新鮮だとされ、人との出会いや交流、一体感を楽しめることからブームが再燃している[1][2][3]

現状[編集]

老舗である新宿の「ともしび」を筆頭に、現在もなお営業している歌声喫茶もいくつかある[4]。また、一般の喫茶店・飲食店がイベント的に歌声喫茶として営業することがある。そうした店は、かつての歌声喫茶を経験している中高年を中心とする常連客の根強い人気に支えられており、昔を知る常連客が子供など若い世代を連れてくることで幅広い世代での交流が行われている[2][3]。それに合わせて曲もかつての民謡や労働歌ばかりでなく、世代を問わず歌えるようなレパートリーも加えられている[3]

「ともしび」では「出前うたごえ」として全国各地に出張してうたごえイベントを開催している[2][5]。そのひとつとして小田急ホテルセンチュリー相模大野では、年に何回か定期的に「懐かしの昭和歌謡曲&うたごえ喫茶」イベントを開催しており、すでに30回を超えている[6]ホテル日航熊本でも定期開催され[7]、すでに20回を超えている[8]。また、「ともしび」以外にも各地で出前うたごえコンサートやイベントを行い、演奏者やリーダーを派遣している団体がある[9]

コンサートホールライブハウスで聴衆も一緒に歌える「歌声コンサート」も開催されており[9][10]、自治体が主催して行われることもある[11][12]。また公共施設などの一室を借りて、歌声喫茶サークルとして地域住民が集まって活動を続ける団体も全国各地に多数存在する[4][13]。高齢者の通所リハビリデイサービス)にも採り入れられている[14]

また中高年向けの旅行商品として、貸切バスを使用した「歌声バスツアー」[15][16]や、鉄道車両を貸し切った「歌声列車」[17]も運行されている。貸切バスの場合は車内のカラオケ設備を活用することもある[18]。高齢者向けに介護ヘルパー付きの歌声バスツアーもある[19]

うたごえ喫茶でよく歌われる曲を収録したCDDVD、歌集や楽譜なども市販されている[20][21]

歌声喫茶を扱った作品[編集]

  • ドラマ『菊次郎とさき』シリーズ シーズン1 第2回 「たけしが泣いた!父の暴力、母の愛…」(テレビ朝日) - 主人公の兄(長男)が恋人と来店するシーンがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「歌声喫茶」のころ─帰りたい場所“昭和”を鳴らした歌─”. 中高年の応援サイト いきいきネット. 2020年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 歌の灯を絶やさず63年!東京・新宿の歌声喫茶『ともしび』が大切にしてきたこと” (日本語). サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト (2017年5月6日). 2020年4月25日閲覧。
  3. ^ a b c 芹澤一美の“共奏”ライフ! Vol.2 一緒に歌うことで生まれるもの|「うたごえ喫茶」と「カラオケ」は違うのか? 体験して深掘り!”. 音楽っていいなぁ、を毎日に。Webマガジン「ONTOMO」. 音楽之友社 (2018年7月9日). 2020年4月25日閲覧。
  4. ^ a b 全国のうたごえ喫茶” (日本語). ともしびグループ (2019年6月17日). 2020年4月25日閲覧。
  5. ^ author. “出前うたごえ公演スケジュール” (日本語). ともしびグループ. 2020年4月25日閲覧。
  6. ^ 新宿ともしびがやってくる!うたごえ喫茶|イベント情報”. 小田急ホテルセンチュリー相模大野. 2020年4月25日閲覧。
  7. ^ 【ホテル日航熊本】あの新宿“ともしび”がやってくる「うたごえ喫茶」を開催”. PR TIMES (2015年1月19日). 2020年4月25日閲覧。
  8. ^ 【ホテル日航熊本】なつかしの歌謡曲、フォークソング…シニア向けイベント「第27回うたごえ喫茶」を開催”. PR TIMES (2020年1月27日). 2020年4月25日閲覧。
  9. ^ a b 香川県の中高年の皆様へ 歌声喫茶情報 in 2020” (日本語). 山猫音楽舎. 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ 新潟市古町でうたごえ喫茶開催中♪” (日本語). 柳都オレンジスタジアム. 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ 大うたごえ喫茶 in 所沢|主催公演のご案内”. 所沢市民文化センター ミューズ. 2020年4月25日閲覧。
  12. ^ 【完売】国分寺うたごえ喫茶 《主催事業》” (日本語). 国分寺市公式ホームページ (2019年7月10日). 2020年4月25日閲覧。
  13. ^ うたごえ喫茶 歌声喫茶 紹介”. うたごえ喫茶ネットワーク (2020年4月). 2020年4月25日閲覧。
  14. ^ うたごえ喫茶” (日本語). 特定非営利法人 わかちつむぎあい (2019年5月1日). 2020年4月25日閲覧。
  15. ^ 東京昭和歌謡唄声バスツアー”. 富士急トラベル. 2020年4月25日閲覧。
  16. ^ 全但歌声バスツアー” (日本語). 夢但馬. 2020年4月25日閲覧。
  17. ^ 歌声ツアー | 歌声喫茶(うたごえ喫茶)に歌唱リーダーと演奏者を派遣します。” (日本語). 山猫音楽舎. 2020年4月25日閲覧。
  18. ^ 横浜方面・歌声バスツアー”. あだち団塊ネット「サエラ」. 2020年4月25日閲覧。
  19. ^ 日帰り歌声バスツアー♪”. 阪神トラベル. 2020年4月25日閲覧。
  20. ^ ともしびショップ”. ともしびグループ. 2020年4月26日閲覧。
  21. ^ うたごえ喫茶ともしび 【音楽センター】 CD・楽譜・DVDの通販”. 音楽センター. 2020年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]