酒場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飲み屋から転送)

酒場さかば)とは、主にアルコール飲料を提供する飲食店の総称で、一般に「接待」を伴わない飲酒店のこと。日常的な表現では飲み屋ともいう。中世においては様々な立場、職業の人間が集まり、互いに情報を提供し、交流を深める社交場としての役割も果たしていた。

概要[編集]

酒場の種類[編集]

酒の種類、メニューや飲食形態、店の雰囲気などによって、居酒屋パブバースナック立ち飲み(角打)などに呼び分けられるが明確な区別はない。しかし、スナックには接待を伴う場合が多い。

異性が接待する飲酒店には、ラウンジ、クラブキャバクラキャバレーホストクラブ等があるが、これらは風適法風俗営業の内の接待飲食等営業とされ、法律上区分されている。

酒造場[編集]

西日本の一部では酒造場(酒蔵・造り酒屋)の意味で呼ばれることがある。島根県西端部の益田市・津和野町、山口県、福岡県などで会社名に「酒場」が入っている酒造業者が存在する。また現在は酒造をやめているが、かつて酒造業であった酒屋にもその名残で店名に「酒場」が入る場合もある。

文化[編集]

関連項目[編集]