スタジオ九魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
有限会社九魔
種類 特例有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
176-0024
東京都練馬区中村3丁目24番15号
北緯35度43分58.8秒 東経139度38分20.0秒 / 北緯35.733000度 東経139.638889度 / 35.733000; 139.638889座標: 北緯35度43分58.8秒 東経139度38分20.0秒 / 北緯35.733000度 東経139.638889度 / 35.733000; 139.638889
設立 1977年12月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 隈部昌二(代表取締役社長)
資本金 3,000,000円
従業員数 10名(2007年6月現在)
テンプレートを表示

スタジオ九魔(スタジオくま)は、かつて存在したアニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業である。商号は有限会社九魔一般社団法人練馬アニメーション会員であった。

概要[編集]

1977年12月6日スタジオディーンの社員で仕上げと特殊効果を行っていた隈部昌二が仕上げ専門スタジオとして設立した。社名の由来は、設立時の社員が9人だったことと隈部が九州出身であることによる。

設立当初は、サンライズシンエイ動画の仕上げ作業の請負が中心だったが、1984年に『巨神ゴーグ』をきっかけに作画部門を設けた後、演出スタッフも参加する。1990年代前後に入ってからは制作スタッフを立ち上げグロス請けを開始した。いくつかの会社のグロス請けを経て2000年に制作した18禁OVAである『回春』シリーズより元請制作を開始した後も他社からの下請を担当しつつ、18禁OVAの制作を主とした。

2003年に初の一般向け作品である『銀河鉄道物語』を制作して以降、『なるたる』等といったテレビシリーズの制作および制作協力を行っている。

2018年6月に関連会社の「アジアアニメーションパートナーズ(AAP)」が東京地裁から破産開始決定を受けた[1]のを機に、2017年12月に社長の隈部が死去し、九魔が事業停止になった事実が公表された。AAPも含めたアニメーション制作関連事業は新たに設立された「株式会社戯画プロダクション」に譲渡され、『デュエル・マスターズ』の制作グロスを引き継いだ。また、作画部門の一部は「ちぃーむハラダ」として独立した。

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

一般OVA[編集]

18禁OVA[編集]

  • 回春シリーズ
    • 回春(2000年)
    • 回春 完全版 リニューアルモザイク (2007年)
  • G-tasteシリーズ (2000年-2002年)

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

仕上担当作品[編集]

テレビアニメ
OVA
劇場アニメ

参考資料[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]