伊藤恭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 恭一(いとう きょういち、大正3年(1914年)5月27日 - 平成6年(1994年)8月9日)は、日本の実業家。二代目伊藤忠兵衛の長男。エルサルバドル共和国の繊維事業発展に貢献した。

経歴[編集]

昭和22年(1947年)に旧制神戸商業大学(現・神戸大学)を卒業し、大建産業に入社する。昭和25年(1950年)に呉羽紡績へ転じる。財務・管理部門を担当し、取締役、常務、専務を経て、昭和38年(1963年)に社長に就任した。その後、昭和41年(1966年)に呉羽紡績が東洋紡績に吸収合併されると、同社副社長となった。後に同社会長・相談役を歴任した[1]

この間、呉羽紡績は昭和30年(1955年)、エルサルバドルに地元実業家と共に綿紡績工場を建設、呉羽紡績が東洋紡績に吸収後の昭和41年(1966年)、この工場を基にユサ社(Industrial Unidas)を設立した。東洋紡績会長となった恭一は、エルサルバドル進出に際し貢献した平生三郎の死去に伴い、昭和48年(1973年)にエルサルバドルに50万ドルの寄付を行った。また、エルサルバドルは平生の死を悼み、日本大使館がなかった時から同国への進出を推進し、エルサルバドル経済の発展に尽力した功績を称え、首都サンサルバドル市内に日本庭園植物園を持つ約5万m2の『サブロー・ヒラオ公園』を建設した[2]。また、これらエルサルバドルと日本・呉羽化学(東洋紡績)との関係強化に最高経営責任者として尽力し、エルサルバドル自体の繊維事業の発展と青少年の育成に協力した恭一を大阪駐在名誉領事とした[1]

受賞[編集]

  • エルサルバドル共和国ホセマティアスデルガード勲章グランオフィシャル章(昭和58年(1983年))
  • エルサルバドル共和国第十字銀章(平成元年(1989年

家族[編集]

参考文献[編集]

  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥(伊藤忠家 近江行商人から巨大商社へ)』 角川書店 1983年 107-110頁
伊藤恭一に係る書籍
  • 『斯の人を 続日本経済を育てた人々』 P68「植場鉄三 伊藤恭一」の項(関西経済連合会 1968年)
  • 『伊藤恭一さんの追想』(伊藤恭一さんの追想刊行会 1995年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「日本の実業家-近代日本を創った経済人伝記目録」(日本工業倶楽部編 日外アソシエーツ 2003年)
  2. ^ 「エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグアを知るための45章」(田中高編著 明石書店 2004年)