足立龍雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足立 龍雄(あだち たつお、大正5年(1916年1月12日 - 2000年平成12年)3月15日[1])は日本実業家

王子製紙社長、日本商工会議所会頭などを歴任した足立正の次男。

年譜[編集]

家族・親族[編集]

足立家[編集]

鳥取県境港市(旧境町朝日町東京都港区
同妻・久美子石橋湛一の二女、石橋湛山首相の孫娘)
  • 長女・洋子住友商事会社員・衛藤孝雄に嫁する)
  • 二女・啓子(実業家伊藤恭一の長男・勲に嫁する)

系譜[編集]

足立家((鳥取県境港市(旧境町朝日町東京都港区
             石橋湛山━石橋湛一━━久美子 
                         ┃
                 ┏足立龍雄   ┃
                 ┃  ┃  ┏足立正晃
                 ┃  ┣━━┫
                 ┃  ┃  ┗啓子
                 ┃ 泰子    ┃
                 ┃      伊藤勲      
                 ┣妙子        
                 ┃ ┃
                 ┃塩川三千勝 
                 ┃
                 ┣富美子
                 ┃ ┃
足立徹造━━足立繁太郎━━足立正━┫山崎英吉
                 ┃
                 ┣足立仁三
                 ┃
                 ┃
                 ┣道子
                 ┃ ┃
                 ┃吉家光夫
                 ┃
                 ┣喜美子
                 ┃
                 ┗足立壽恵雄

参考文献[編集]

  • 佐藤朝泰 『豪閥 地方豪族のネットワーク立風書房 335、339頁

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、32頁。
  2. ^ 足立氏系譜中国地方の足立氏