加藤陽三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 陽三(かとう ようぞう、1910年1月29日[1] - 1989年6月5日[2])は、日本の内務警察防衛官僚政治家防衛事務次官衆議院議員(2期)。海田町名誉町民。

経歴[編集]

その他[編集]

  • 1952年、海田町に米軍弾薬陸揚げ施設の建設計画が浮上したが、加藤の尽力で阻止[5]
  • 海田町の加藤会館前には、灘尾弘吉書の加藤陽三先生顕彰碑が建っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 新訂 政治家人名事典 明治~昭和
  2. ^ 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』164頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 加藤陽三(かとう・ようぞう)プロフィル
  4. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、302頁
  5. ^ メールマガジン第99号(2010年10月5日)

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


先代:
門叶宗雄
防衛事務次官
第3代:1963年 - 1964年
次代:
三輪良雄