團宏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

團 宏明(だん ひろあき、1947年10月14日[1] - )は、日本の郵政官僚公益財団法人日本棋院理事長。総務省郵政事業庁長官、日本郵政公社副総裁、日本郵政株式会社代表執行役副社長、郵便事業株式会社代表取締役社長などを歴任。長崎県佐世保市出身[2]

略歴[編集]

  • 東京大学法学部卒業
  • 1969年(昭和44年):国家公務員採用上級甲種試験(法律)合格
  • 1970年(昭和45年)4月:郵政省入省
  • 郵政大臣官房文書課課長補佐
  • 1984年(昭和59年)7月10日:近畿郵政局人事部長
  • 1986年(昭和61年)7月10日:郵政省貯金局経営企画課経営調査室長
  • 1987年(昭和62年)6月19日:郵政省放送行政局業務課長
  • 1989年(平成元年)6月30日:郵政省放送行政局衛星放送課長
  • 1991年(平成3年)6月11日:郵政省電気通信局電気通信事業部事業政策課長
  • 1992年(平成4年)6月30日:郵政大臣官房国際部国際政策課長
  • 1993年(平成5年)7月1日:郵政大臣官房秘書課長
  • 1995年(平成7年)6月21日:郵政大臣官房総務課長
  • 1996年(平成8年)7月1日:郵政省電気通信局電気通信事業部長
  • 1999年(平成11年)7月6日:郵政省貯金局長
  • 2000年(平成12年)6月27日:郵政大臣官房長
  • 2001年(平成13年)1月6日:総務省大臣官房長
  • 2002年(平成14年)1月8日:総務省郵政企画管理局長
  • 2003年(平成15年)1月17日:郵政事業庁長官
  • 2003年(平成15年)4月:日本郵政公社副総裁
  • 2006年(平成18年)1月:日本郵政株式会社代表取締役(兼職)
  • 2006年(平成18年)6月:日本郵政株式会社代表取締役副社長(兼職)
  • 2007年(平成19年)10月:郵便事業株式会社代表取締役社長
  • 2009年(平成21年)1月:日本郵政株式会社代表執行役副社長(兼職)
  • 2009年(平成21年)11月:郵便事業株式会社代表取締役社長、日本郵政株式会社代表執行役副社長を退任
  • 2011年(平成23年)7月1日:株式会社情報通信総合研究所特別顧問・理事長[3]
  • 2013年(平成25年)6月30日:株式会社情報通信総合研究所特別顧問・理事長 退任
  • 2013年(平成25年)6月:公益財団法人 通信文化協会理事長
  • 2015年(平成27年)6月:公益財団法人日本棋院副理事長
  • 2016年(平成28年)6月28日:公益財団法人日本棋院理事長[4][5]
  • 2017年(平成29年)11月:瑞宝重光章受章

脚注[編集]

  1. ^ 『日本金融名鑑 2007年版 上巻』(日本金融通信社、2007年)
  2. ^ 飛翔2008⑥團 宏明さん - 報道センターNBC 今日の特集予告 | NBC長崎放送
  3. ^ 特別顧問・理事長の就任について 株式会社情報通信総合研究所 2011年7月1日
  4. ^ 公益財団法人日本棋院 理事長に團宏明氏を選任
  5. ^ “日本棋院の新理事長に団宏明氏”. Asahi.com (朝日新聞社). (2016年6月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ6X5567J6XUCVL015.html?iref=comtop_list_cul_n05 2016年6月30日閲覧。