朴永訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朴 永訓(パク・ヨンフン、박영훈、ぼく えいくん、1985年4月1日 - )は、韓国囲碁棋士ソウル出身、韓国棋院所属、崔珪昞九段門下、九段。富士通杯中環杯で世界棋戦優勝3回、棋聖戦4連覇など。ヨセの名手で「第2の神算」と言われる。

経歴[編集]

1996年に11歳で全国アマチュア囲碁大会に優勝、また世界青少年囲碁選手権大会少年組優勝。13歳でアマチュア棋戦4冠王となり、「アマ碁界の李昌鎬」と呼ばれる。1999年、韓国棋院初段。2000年に倍達王棋戦で挑戦者決定戦三番勝負に進むが、李世乭に1-2で敗れる。2001年二段で、天元戦優勝し、徐奉洙と並ぶ最低段タイトル獲得記録となる。2003年に三星火災杯世界オープン戦に準優勝し、五段昇段。2004年に世界囲碁選手権富士通杯に優勝し、九段昇段。19歳で九段は最年少記録で、入段から5年で九段昇段は最速記録。2005年には第1回中環杯世界囲碁選手権戦にも優勝。2005-08年に棋聖位連覇。

2005年の韓国囲碁リーグでは新星建設チーム主将として、レギュラーリーグ7連勝、プレーオフ決勝2連勝で、優勝に貢献、中韓チャンピオンズリーグでも中国上海チーム戦で2連勝の11連勝を記録した。韓国棋士ランキングでは2007年に3位。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 圓益杯十段戦 準優勝 2006年
  • マキシムコーヒー杯入神連勝最強戦 準優勝 09年
  • 韓国囲碁リーグ
  • 2004年(第一火災)
  • 2005年(新星建設)7-0
  • 2006年(嶺南日報)10-5
  • 2007年(全南ノーブルランド)
  • 2008年(新星建設)10-3
  • 2009年(嶺南日報)10-5
  • 2010年(posco)

外部リンク[編集]