鳳凰古城世界囲棋嶺鋒対決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳳凰古城世界囲棋嶺鋒対決(ほうおうこじょうせかいいきれいほうたいけつ、凤凰古城世界围棋巅峰对决)は、中国で開催される囲碁棋戦で、中国と韓国から招待された、国際棋戦優勝者である各1名の棋士によって行われる。2003年に南方長城囲碁招待戦(南方长城围棋邀请赛)として開催され、以後2年に1回開催。2005年は南方長城杯世界囲棋嶺鋒対決(南方长城杯世界围棋巅峰对决)。毎回湖南省湘西州鳳凰県の南方長城で行われる。

  • 主催 中国棋院中国囲棋協会
  • 協賛 (1回)湖南省西土家族苗族自治州人民政府、湖南電視台衛星頻道、(2回-)鳳凰古城旅行有限責任公司、北京天下鳳凰文化伝播有限公司、
  • 優勝賞金 (1-2回)3万米ドル、(3回-)5万米ドル、(8回)6万米ドル

2005年の第2回は、4コウによる無勝負という結果となっている。

他に2005年には南方長城杯アマチュア囲棋大賞戦(賞金付き大会)、2007年は中韓アマチュア囲棋嶺峰対決なども開催される。これらのイベントにより、鳳凰県の観光の発展にも貢献している。2015年第7回開催の11月30日は、呉清源没後1周年にあたり、南方長城に呉清源の銅像が除幕された[1]

方式[編集]

  • コミは7目半
  • 持時間は、1-2、4回は各50分、3回は各3時間、8回は1時間30分

歴代成績[編集]

(左側が勝者)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]