高根台 (囲碁棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高根台(コ・グンデ、고근태、こう こんだい、1987年3月30日 - )は、韓国囲碁棋士大田広域市出身、韓国棋院所属、安官旭七段門下、八段。バッカス杯天元戦優勝、トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦ベスト16など。

経歴[編集]

2000年、13歳でアマ国手戦で最年少優勝し、2001年世界アマチュア囲碁選手権戦に出場、4位となる。2002年、地域研究生から入段。2004年二段、オスラムコリア杯新鋭連勝最強戦準優勝。2005年にバッカス杯天元戦で李世乭曺薫鉉らを破って優勝、地域研究生出身で初のタイトル獲得者となる。翌2006年の中韓天元対抗戦では古力を下す。同年五段。2007年天元戦ベスト8、十段戦ベスト8。2008年国手戦ベスト8。2009年七段。2011年八段。

韓国囲碁リーグには2006年から出場。韓国囲碁棋士ランキングでは2006年8位。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

外部リンク[編集]