白洪淅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白洪淅(ベク・ホンソク、백홍석、1986年8月13日 - )は、韓国囲碁棋士ソウル市出身、権甲龍八段門下、韓国棋院所属、九段。BCカード杯世界囲碁選手権優勝、名人戦準優勝2回など。

経歴[編集]

2001年入段。2004年韓国囲碁リーグ出場、三段。2005年三星火災杯出場、四段。2006年SKガス杯新鋭プロ十傑戦で棋戦初優勝、三星火災杯ベスト4進出。同年、54勝16敗の成績で囲碁大賞勝率賞、新鋭棋士賞受賞。2007年十段戦で決勝進出、安祚永に1-2で敗れ準優勝、電子ランド杯王中王戦でベスト4。2008年六段、棋聖戦挑戦者、第1回ワールドマインドスポーツゲームズ男子個人戦に韓国代表として出場し決勝トーナメント進出。2009年七段。2011年KBS杯準優勝により八段昇段、テレビ囲碁アジア選手権戦準優勝。同年名人戦準優勝により九段昇段。

2012年、BCカード杯世界囲碁選手権決勝で党毅飛を3-1で破り、国際棋戦初優勝。同年テレビ囲碁アジア選手権戦決勝で孔傑を破り優勝。また百霊愛透杯ベスト16、三星火災杯ベスト16。2013年名人戦ベスト4。

2011年中国乙級リーグに杭州囲棋学校チームで出場。韓国棋士ランキングでは2007、08年13位。李世乭に6勝3敗(2011年時点)と相性がいい。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他

  • 中国囲棋乙級リーグ
    • 2011年(杭州囲棋学校)3-4
    • 2012年(德州長河永和)4-3

外部リンク[編集]