権甲龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クォン・カムニョン
各種表記
ハングル 권갑용
漢字 権甲龍
発音: クォン・カムニョン
日本語読み: けん こうりゅう
テンプレートを表示

権 甲龍(クォン・カムニョン、1957年10月3日 - )は、韓国囲碁棋士ソウル市出身、韓国棋院所属、八段。主催する権甲龍囲碁道場は、李世乭崔哲瀚など多くの棋士を輩出し、韓国の三大囲碁道場の一つとなっている。子の権孝珍、その夫の岳亮も囲碁棋士。

経歴[編集]

1975年入段。1977年国手戦本戦入り。1987年最高位戦、89年KBS杯バドゥク王戦、90年名人戦本戦出場。1995年六段、国手戦本戦出場。1996年バッカス杯天元戦本戦出場。2003年七段、覇王戦本戦出場。2004年プロシニア棋戦3位。

囲碁道場[編集]

1980年に趙治勲名人獲得したことにより韓国で囲碁ブームが起き、多くの子供囲碁教室が生まれた中、1983年に囲碁教室を開き、87年からプロ棋士を育成することを目的とした道場とする。1989年に最初のプロ棋士として朴勝文を送り出し、その後李世乭、崔哲瀚、姜東潤元晟溱などの有力棋士を輩出。2009年には出身棋士は43名、道場生段位合計は2003年に100段、2009年に200段を突破。許壮会金原の道場とともに三大囲碁道場の一つとされ、その中でも最大の実績を挙げている。

その他の出身棋士には、金主鎬、陳詩淵尹畯相李映九白洪淅、金志錫、尹映善、玉得眞、温昭珍、河好貞など。

道場生は数十人いて、道場に起居する者もいる。道場で力を付けた者は韓国棋院院生となって入段試験を目指す。毎年行われる道場合宿には日本中国からの参加者も多い。

1993年、囲碁文化賞特別功労賞受賞。

著作[編集]

  • 『鬼手魔手』2005年(陳宰豪と共著)
  • 『精妙収官』2006年(成其昌と共著)
  • 『天龍圓』2009年(陳宰豪と共著)
  • 『鬼手・魔手 韓流究極の詰碁』毎日コミュニケーションズ 2009年(李世乭監修、洪敏和訳)

外部リンク[編集]